プーク人形劇開演!

11月9日(水) 楽しみにしていたプーク人形劇のはじまり。

第一部は「ふしぎな箱」

ステージには、箱がひとつ。

箱の中からプー吉やちび(犬)、カエルなどが出てきました。

カエルのおもしろい♪合唱に子ども達は大笑い!

そしてふしぎな箱はひとつからふたつへ。

四角からこんぺいとうの形へ。

宇宙、ライオン、恐竜、どんどん変身していく様子に釘づけでした。

あっという間に第一部が終了。

第二部は「オカピ坊やの小さな冒険」(幼児組+満3歳児)

オカピ坊やはお母さんを探しに“きけん”なジャングルへ出かけます。

最初に会ったのは“きけん”なおばさん。ではなく“きりん”のおばさん。

舌が長くて一緒だけどお母さんではありません。

お尻のしま模様が一緒だけど今度はしまうま。

「なんだ!なんだ!」おもしろいおじさん達でした。

水牛の坊やとなかよしになった!

水牛のお母さんはちょっびり“きけん”

ヨウムのおじさんに教えてもらって無事お母さんと再会。よかったね♡

“きけん”は怖かったけど色々な動物に出会えて楽しい冒険だったね!

ホールを出たところに、サプライズで【オカピ坊や】と【しまうまのおじさん】がいてお見送りをしてくれました。

バイバ~イ!たのしかったよ~!

シマウマの「なんだ!なんだ!」のフレーズがお気に入りの子ども達。

最初から最後まで人形の動きに夢中になってみていた子ども達。

ふしぎ、おもしろい、たのしい、様々な感情が持てました。

プーク人形劇団、さすがプロ集団!!

素敵な人形劇をみせてくれてありがとう!!

来年も楽しみだね。 (M1)

保育の様子|2022-11-09|

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

資料請求・お問い合せ

法人サイト

くるみ幼稚園

求人情報