教育について

トップページ » 幼保園ガイド » 教育(保育)について

教育(保育)方針

集団生活の中から、自主性と生きる力、他者の存在意識と自己抑制、 そして心の安定をもたらす文化的環境と知的活動を育むために

  • 1.思いやるやさしさでいたわりあい、人の尊さを感じられる子ども。
  • 2.楽しく生活習慣への意欲を育み、生きる力をもつ子ども。
  • 3.感性豊かな子どもと笑顔の環境。
    文化的な環境の中で、美しいものを美しいと感じられる子ども。
  • 4.自然にふれ、子どもらしく、夢中になれる明るい子ども。
  • 5.「なぜだろう」と考え、発見し、創意を表現する子ども。

教育(保育)計画

みんなでつくり、育てる幼保園

園児のために、父母と先生がしっかりと手をつなぎ、
地域の人々があたたかく見つめ、協力をおしまない幼保園

文化のかおりをはなつ、たのしい幼保園

楽しい子供たちの歌声がひびき、豊かな絵の具のにおいがたち、
子供が、子供らしく夢中で遊びたわむれる幼保園

子どもの心の中にとびこめる教師と、子どもの心を豊かにする環境のある幼保園

子どもから学び、子供の心=能力やよさ=を引き出して育てる先生集団と、
より良い幼保園としての環境設定

教育(保育)目標