バックナンバー [ 10月 2010 ]

H22.10.15(金)年中さんの”パンやさんにおかいもの”(^O^)/

パンやさんにおかいものという、阿部直美さん作詞・おざわたつゆき作曲の手遊びうたがあります(*^_^*) 

♪パン・パン・パンやさんにおっかいもの~~…♪ではじまるこのうたは、保育現場でとても良く歌われておりますので、きっとご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当園でも、作曲者自身が前園長ということもあり、当然保育の中に積極的に歌を取り入れており、ほぼ日常的に使っております!(^^)! 子どもたちも、このうたが大好きで、よ~く園でも歌いながら手遊びをしているんですよ(^v^)

今日は、何と何と、そのうたのとおりに、年中さんが本物のパン屋さんに買い物に行ってきちゃいました! 今回はその様子を少しお届けしましょう(^O^)/

園を出発し、みんなで一緒に歩いて掛川市西町のアンデルセン(三河屋商店)さんに向かいます。途中には横断歩道があったり、信号があったりで車も通りますから、みんなで交通ルールを守り、横断歩道は手を上げて注意しながら渡りました(*^_^*) 頑張って歩いて、いよいよパン屋さんに到着です。

 

店内には、美味しそうなパンがいっぱい並んでいました! ♪サンドイッチにメロンパン ねじりドーナツ…♪本当に色々な種類のパンがあって、どれもこれもおいしそう~ぜーんぶ欲しくなっちゃうよね~(^◇^)

三河屋さんのご厚意により、幼児用サイズのパンを特別に焼いてもらい、トレーに並べてくれてありました。 たこぱん・どーなつ・めろんすてぃっく・かれーぱん…(^◇^) どれもおいしそうで迷っちゃう~(>_<)

好きなパンを選び、いよいよレジで会計です。お家から持ってきたお財布からお金を出して「これ下さい!」と言うだけの、大人にとってはほぼ日常的な行動なんですが、子どもたちにとっては、きっとドキドキの体験ですよね(*^^)v

買ってきたパンは、お昼の時にみんなで一緒に食べました(^v^) 自分たちで選び、自分たちがお金を出して買い、自分たちで大事に園まで持ち帰ってきたパンはとっても美味しいね!

今回は、特別な行事と言う訳ではなくて、園の日常的な保育内容をつづってみました。くるみ幼稚園での保育活動は、本当に多岐に渡って行われており、そのほとんどすべての活動には当然のことながら教育的ねらいが含まれています。

今日の「パンやさんにおかいもの」も既に10年以上継続して行われている活動ですが、パン屋さんまで頑張って歩くこと、交通ルールを守ること、お金を実際に使って買い物をすること、自分で買ってきた物をみんなと一緒に美味しく食べること…等などの沢山のねらいや目的が含まれています。

今まで漠然と、楽しいから”パンやさんにおかいもの”という曲で手遊びを行ってきた子どもたちは、今日のこの経験をすることにより、実際に「パンを買う」ということがどういうことなのかをきっと実感として理解してくれたことでしょう。今後この曲をうたうことが、ますます楽しいものになることは、想像に難くありません。

さてさて、作曲者おざわたつゆきには、このような子どもたちの日常に即した手遊びうたから、うんどうかいの時にご紹介したような”なわとびたいそう”やオペレッタ等の保育で使用する曲などが、故人の言葉をそのまま引用しますと、推定800曲位はあります。くるみ幼稚園でも前園長亡き後も変わらず、故人の作曲したあそびうたを沢山使用しております。

くるみ幼稚園の教育計画に「文化のかおりをはなつ 楽しい幼稚園」というものがありますが、こうした園児の楽しい日常生活をつづった音楽を園外に放つということが、まさに”文化のかおりをはなつ”行為と言えると思います。当園では今後も、私立幼稚園として少しずつ積み重ねてきたこれらの素晴らしい「幼児の文化」を大切に継承し、後世に伝えて行きたいと考えております。保護者の皆様にも、園が大切にしている各種活動をご理解いただき、そして子どもたちと一緒になって楽しんで頂きたいと思っております(*^_^*)

                                        (直)

保育の様子|2010-10-15|

うんどうかい インターネット写真販売のご案内

昨日、お手紙を配布してお知らせしましたが、コジマカメラさんによる、「うんどうかい」スナップ写真のインターネット販売がはじまりました。

https://phst.jp/cozys/

まずは上記ににアクセスし、お渡ししたチラシに書いてあります「ログインID」「パスワード」を入力、さらに、画面上に表示されたセキュリティコードを入力すれば、写真のページが表示されます。あとは、画面に従って操作を行ってください。沢山の写真が展示されておりますが、集団生活ならではの、子どもたちの生き生きとした表情が満載です。(^O^) 

今まで、開園時間中に園に来ることが難しく、園に展示してあるスナップ写真を見ることが出来なかった保護者の皆様方、どうぞこの機会にこの新システムをご利用頂けたら幸いです。ただ、なにぶん大量の画像を表示処理することになりますから、お使いのパソコンの性能やネットへの接続環境によっては写真の切り替え表示が遅くなり、閲覧にストレスを感じることがあるかもしれませんので、そのへんは園の展示見本とうまく使い分けをして頂けたら良いかと思います(>_<) 

                                                      (直)

お知らせ|2010-10-15|

H22.10.6(水)年長さんが”いもほり”に行って来ました(^◇^)

今日は、年長さんのいもほりの日です。昨日はコンサート観賞という静的な活動だったのに対し、今日はうって変わって、土と一緒に戯れるという動的な活動です。本日はその内容を少しだけお伝えしましょう(#^.^#)

くるみ幼稚園のいも畑は、掛川市西大渕にあります。実は年長さんは、5月に苗付けのために畑まで行っており、今日は待ちに待ったその収穫の日なのです。今日は暑くもなく寒くもなく、秋晴れのいもほりにはちょうどいい天気です(●^o^●) 園からバスに揺られて30分、子どもたちにはちょっとした遠足気分ですね(^◇^)

まずはじめに、畑の管理を一手に引き受けて下さっている土屋経一さんをご紹介したいと思います(*^_^*) 通称”土屋のおじさん”は、くるみ幼稚園いもほりを手伝って下さってもう四十数年!つまりほぼ開園以来から、何と何と、父子二代にわたってこの行事を全面的に引き受けて下さっているんですよ。本当にありがたいことですm(__)m

実は本日は、お父さんやお母さんにもお手伝いを頂いております。まずは大人だけで小手調べ…(^◇^) う~ん、いもを掘るのも意外と難しい?…(>_<)

子どもたちがバスで畑に到着後、早速みんなでいもほりを始めました(*^_^*)ここ大渕の畑は、海が近いこともあって、非常に掘りやすい粒子の細かい砂のような土なんですが、それでも子どもたちにとっては深く埋まったいもを掘るのは中々大変なことです。でもみんな頑張って沢山掘っていましたよ(*^^)v

みんなで頑張って掘ってくれたので、おいもがこんなにいっぱい採れました! 今年は猛暑のせいで(T_T)、全体的にいもは小ぶりでしたが、それでもとっても美味しそうなおいもたちです(^v^)

今日お手伝いを頂いた、お父さん・お母さんたちも、普段やりなれない作業で大変だったとは思いますが、収穫の喜びや、子どもたちと一緒になって土とたわむれる楽しさを味わっていただけましたでしょうか? 本当にありがとうございましたm(__)m

 

畑の上で、みんなでお弁当です。もうお腹がペッコペコ。たくさん体を動かして働いた後のお弁当はとっても美味しいよね(*^_^*)

あっという間に幼稚園に帰る時間になりました。お手伝いしてくれた土屋のおじさんと、お父さんお母さんにお礼を言って帰ります。お家へのおみやげ忘れないでね(>_<)

この「いもほり」という活動は、5月に子どもたち自身が差した小さな苗が、10月にはとっても大きくなってたくさんのいもを作るということ、そしてそれらを自ら収穫することにより、”自身が生きるための食べ物を得る”ことの大変さ、そしてその喜びを味わってもらいたいというねらいと願いがあって、開園以来ずっと続けている活動であります。

さて、さつまいもは、地下20センチより下にイモを付けますが、土をそれだけ掘ることは子どもたちにとってはかなり力のいることで、苦戦している子も中にはおりました。でも、自分の手を汚して、そういったことを経験することで、さつまいもが地面の下に出来るということの理解に始まって、じゃあ次はそれをどうやって食べるのか? そして食べたらどんな美味しい味がするのか? …などなど、子どもたちの興味は今後も尽きないでしょう。園でも、「おいものパーティ」を行ったり、にこにこランチで色んな料理をしてもらって食べたりしていきたいと思います。

本日子どもたちが持ち帰ったおいもは、お家でも料理してみんなで召し上がって下さいね(^v^)      (直)

 

  

保育の様子|2010-10-06|

H22.10.5(火)♪♪ハープ&フルートコンサート♪♪

今日、年中・年長さんは”ハープ&フルートコンサート”を鑑賞しました(^-^)

くるみ幼稚園では、こういったコンサートを保育の中に積極的に取り入れており、ほぼ毎月のようにプロアーティストによる演奏会を行います。人は、きれいな音楽が聞こえてきますと、自ずからそちらに耳を傾けますので、子どもが小さいうちに素敵な音楽をたくさん聞かせて、徐々に彼らの集中力を養っていくことがねらいのひとつでもあるのです。入園して3年経つころには、かなり長時間の演奏でも集中してしっかりと聞くことが出来るようになっている、というわけなのです。

…しかし、この際に使用する音楽は、「本物」でないと効果は半減してしまうのでしょう。

さてさて、本日のプログラムは、ハープ北村直子さんフルート篠田文さんのお二人による6曲の演奏です。先に年中さん、次に年長さんと2回の公演をしていただきました。お家の方々の参加も自由でしたので何人かご来園下さいました。ありがとうございました。

 

ハープという楽器は、柔らかくて美しくとっても素敵な音色を奏でます。ハープを初めて見るという子どもたちも、その大きさと音色に興味津々でした。もちろんフルートの甘く透き通った音色も、ハープとの相性はバッチリでしたね。子どもたちはみんな集中していて、おしゃべりしないでしっかりと最後まで聞いてましたよ(^○^)

みんながいつも歌っている大好きな歌を、ハープとフルートの伴奏で元気に歌いました。普段のピアノとまた違った感じがして、面白く感じた子どもたちも、きっといるでしょうね(^O^)

 

そして何と何と、今回はくるみ幼稚園先生たちも、歌い手として登場です! 「ふしぎないしうす」という話があるのですが、それに前園長おざわたつゆきが作曲したものを、楽しくお話を表現しながら歌ってくれました。前園長は生前、この曲を自分で歌って子どもたちに聞かせてあげたりしておりましたが、彼亡き後もその歌う心は園の財産としてしっかりと受け継がれていると言えると思います。子どもたちも、普段とは違った先生たちの堂々たるカッコイイ姿を見て、聞いて、興味津々・大興奮でした!\(^o^)/

年中・長とも、6曲+ハープの説明を合わせて30分程度のコンサートではありますが、子どもたちにとっては、とっても楽しくちょっと珍しい、でも素敵な活動でした(^-^)

こういったコンサート活動は、まさにくるみ幼稚園の特色のひとつであります。先にも書きましたが、本当に素敵な音楽には、人を惹きつける力があり、音楽を聞くことで、心を揺さぶるほどの感動を受けたことは誰にでも少なからず経験があるのではないでしょうか? 

これからの将来、無限の可能性を持つ子どもたちに、この素晴らしい経験をするチャンスをできるだけ多く与えることは、私たち大人の使命であると考えます。当園は、こういったコンサート活動を30年以上行い続けておりますので、園には子どもたちのためのそれらのノウハウがたくさん蓄積されており、その土壌が既に確立されていることは言うまでもありません。

誤解を招く恐れがありますのでちょっと書かせて頂きますが、こういった活動は、”プロの音楽家を育てるため”という訳では決してありません。あくまでも音楽という素敵なモノを通して、子どもたちの情操教育を行っていくと同時に、聞く力を育てることが大きなねらいなのです。音楽を上手に聞いて楽しめる子は、他人の話もしっかりと聞けるようになってくるんですよ。

しかし昨今、この「聞く」という行為は日本人に低下している能力のように思えるのは私だけでしょうか…(T_T) 相手の話をちゃんと聞ける人は、やっぱり人間的に素敵ですよね(^○^)     (直)

 

 

くるみ幼稚園コンサート|2010-10-05|