バックナンバー [ 1月 2011 ]

H23.1.21(金)♪マリンバコンサート♪(年中・長)

今週の月曜日に年少さんがヴァイオリンヴィオラコンサートを聞きましたので、今日のくるみ幼稚園では、年中年長さんのマリンバコンサートが行われました(^○^) 

マリンバは、木製の鍵盤をマレットと呼ばれているバチで叩いて音を出します。基本的には、木特有の柔らかいコロコロ転がる様な音色とでも言うのでしょうか?・・・を奏でますが、叩くマレットによって多少変わるようです。マレットにも色々な種類があって、その先端の硬さや包んである材質によって変わるようですね。幼稚園でもリズム発表会等で子どもたち自身も木琴や鉄琴を演奏しますが、マリンバはその女王様と言ったところなのでしょうか(^-^)

さて、本日演奏して下さるのは、マリンバが伊藤香織さん、ピアノ伴奏者として竹原祐喜さんです(^O^)

 

写真は、何と器用にも片手に2本ずつ合計4本のマレットを操って曲を演奏している所です(@_@) 曲によってはもっとたくさんのマレットを使って演奏する場合もあるらしいのですが、普段片手に1本ずつが基本の子どもたちにはとっても驚きです! もちろんその手とマレットの動きの素早さにも大注目でした。目にも止まらぬ速さなのが写真からも伝わると思います。

 

マリンバに合わせて全員で歌を歌いました。ピアノの伴奏だけで歌うのとは、また違った感じがしました。

最後は、楽しい素敵な演奏をして下さった伊藤さんに、みんなからプレゼントです(^○^) お家に咲いていた可愛い花や自分で作った飾りなどなど、ありがとうの気持ちのこもった素敵な贈り物だと伊藤さんもとっても嬉しそうでした。今日は、心のこもった暖かい演奏をありがとうございましたm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度でも書きますが、くるみ幼稚園でほぼ毎月一回程度の音楽コンサートは、プロの音楽家を育てるためではなくて、子どもたちに数多くの人として大切なことが身に付けさせたいが為です。聴く力=集中力の向上はもちろん、しっかり聞いている周りの子に気を使ったり我慢すること、集中する時とリラックスする時の切り替え・メリハリ・・・(^○^) これらすべてが、人が社会の中で生きていくために、人と人が関わりを持つ中で、とっても重要なことだと感じませんか?

昨今の日本社会では、こういった基本的だけど重要なことが教育の中で後回しになって軽視されているような気がしてなりません。くるみ幼稚園では以前からずっとこういった教育を行っており、今後も幼稚園に蓄積された豊富なカリキュラムに基づいて保育を行っていきたいと思っています。

園を取り巻く皆様の、ますますのご理解とご協力をお願い申し上げます。

                                                        (直)

くるみ幼稚園コンサート|2011-01-21|

H23.1.17(月)♪ヴァイオリン・ヴィオラコンサート♪(年少)

本日のくるみ幼稚園では、年少の保育室内でヴァイオリンビオラコンサートを行いました。

普段過ごしている自分のお部屋に、プロ演奏家が来て演奏してくれる訳ですから、子どもたちも朝から大喜びで、待ちきれない様子でした\(^o^)/

 

 

今日の演奏家は、手前のヴァイオリンを弾いて下さるのが篠田真美子さん、真中ヴィオラ篠田侑香里さん、ピアノ伴奏はリズム発表会でも演奏して頂いた竹原祐喜さんです(^○^)

  

ヴァイオリン・ヴィオラのお話もしてくれました(^O^) 何で出来ているのか?弦は何本??色々と子どもたちの興味は尽きませんね。なんとなんと、ヴァイオリンやヴィオラを弾く弓は、ウマのしっぽからできているそうで・・・子どもたちも興味深々(@_@) 集中してお話を聞いていました。

  

 

そして・・・何と子どもたちにも、ヴァイオリンを弾かせて頂いちゃいました!(^○^) 弾いているのは子供用の小さいヴァイオリンですね。

最後は、みんなで一緒にヴァイオリンヴィオラを伴奏に、元気にお歌を歌いました。

・・・これを一クラス約20分間で、3クラス回ってもらいました。ホールで行うコンサートも魅力的ですが、こうやって自分のお部屋でちょっとしたコンサートを行うのも、楽器や演奏家が身近に感じてますます子どもたちも集中して音楽を聞いてくれるようです。

くるみ幼稚園では、ほぼ毎月一回程度の音楽コンサートを行っておりますが、これを開催することで子どもたちは数多くの人として大切なことが身に付くと考えております。聴く力=集中力の向上はもちろん、周りの子が聞き入っていたら邪魔しないでお話をしたいのを我慢すること、集中する時とリラックスする時の切り替え・メリハリ、またそういった雰囲気を敏感に察していく力・・・(^○^) これらすべてが、人が社会の中で生きていくために、人と人が関わりを持つ中で、とっても重要なことだと感じませんか?

昨今の日本社会では、こういった基本的だけど重要なことが軽視されているような気がしてなりません。くるみ幼稚園では以前からずっとこういった教育を行っており、今後も園に蓄積された豊富なカリキュラムに基づいて保育を行っていきたいと思っています。園を取り巻く皆様の、ますますのご理解とご協力をお願い申し上げます。

                                                                  (直)

くるみ幼稚園コンサート|2011-01-17|

明けましておめでとうございます!(^O^)!

平成23年、明けまして、おめでとうございます。

くるみ幼稚園は、現在冬休み中ですので、普段子どもたちの元気な声でにぎわっている園は、とっても静かです・・・(>_<)  

 

さて、平成23年という年は、くるみ幼稚園にとっては、ちょうど創立50年目という節目の年となります。園が開園したのが1962年(昭和37年)ですから、2011年が50年目というわけなのですね・・・。

50年と言いますと、半世紀に当たるわけですから、これはなかなかスゴイことであるでしょう(>_<) ですから当園としても平成23年は色々なことを考え、くるみ幼稚園にふさわしい50周年としていきたいと思っております。関係の皆様には、ぜひともお力をお貸し頂けたら幸いに存じます。

 

それでは皆様、平成23年も、くるみ幼稚園をよろしくお願いいたします。

                                                       (直)

その他|2011-01-01|