バックナンバー [ 2月 2011 ]

一日入園を行いました(^○^)

本日午後から、平成23年度新入園児対象の『一日入園』を行いました(^○^) 来年度4月からくるみ幼稚園に通うことになる新しいお友達が、幼稚園に来てくれて一緒に楽しく遊んでいきました(^O^) 今回は、その様子をちょっとレポートしましょう(^○^)

 

受け付け~『みんなであそびましょう(^○^)』

お家の人と一緒に登園して受付後、ホールにみんなで集合してもらいました。

まず前列に子どもたちだけで座り、お家の人たちは離れて後ろに座っていただきました(^-^) お家の人とちょっと離れちゃったからなのか泣けちゃう子もいましたが、沢山の先生たちが子どもたちと一緒にいましたからほとんどみんな大丈夫でしたよ(^○^)

 

みんながホールに来たら、いよいよ楽しい一日入園の始まりです! 

はじめに在園の年中さん年長さんが舞台に登場!(^○^) ちょっと大きいお兄さんやお姉さんが颯爽と登場して、音楽に合わせて「くいしんぼゴリラのうた」「おかしの体操」を踊ったら、子どもたちはちゃんと集中してよーく見ていましたね~。 やっぱり年齢の近い子どもたちが一生懸命やっていることは、小さい子たちでもしっかりと見るんですよね(^O^) 写真ではわかりにくいかもしれませんが、なかなかの集中力でした!

 

在園児の表現を見た後は、園長先生のお話、その後は子どもたちと一緒に手遊びです。みんな夢中になってマネしてくれました\(^o^)/ かみしばいも、よ~く見ていましたね。楽しかったかな?

  

☆保育室で おにいさん おねえさんと あそぼうね!

 

・・・ということで、子どもたちは保育室の方へ・・・ 泣けちゃう子もいましたが、それでもお部屋に行けば楽しいおもちゃがいっぱいあるし、優しい先生たちもたくさんいます(^-^)

 

☆説明会

 

子どもたちが保育室で遊んでいるとき、ホールではお家の方への説明会が行われました。

まず最初は、園長がスライドを使って、くるみ幼稚園50年の歴史説明から、園の教育理念特色まで・・・ちょっとカタイお話しをさせて頂きました・・・。さすがに園が出来て50年も経ちますと、幼児教育の積み重ねが膨大な量になってまいります(>_<) 整理してわかりやすく皆様にお伝えしていこうといつもいつも思っているのですが、もしお聞き苦しかったのなら申し訳ありませんでした・・・m(__)m 

ただくるみ幼稚園としては、3歳から始まる子ども集団としての幼稚園教育、これをとってもとっても重要視し、保護者の皆様と一緒に手を取り合いながら、大切な子どもたちを育てていきたいと教職員一同強く願っております。どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  

・・・その後は、入園の準備等具体的なお話も合わせてさせて頂きましたので、合わせてかなり長い時間子どもたちと離れることになりましたが、子どもたちが遊んでいた保育室では、だいたいみんな楽しく遊んでいたようでした(^○^)

 

解散、おつかれさまでした・・・

 

ホールでの保護者説明会も終了し、子どもたちがお部屋から帰ってきました(^○^) 

おやっ?良く見ると何か手に持っていますね? そうです!! 今日の一日入園のささやかな「お土産」です。在園のおにいさんやおねえさんたちが、新しく入ってくるお友達のために、頑張って一生懸命可愛いバッグを作ってくれました(^-^) ちょっと素敵なお土産をもらって、子どもたちも嬉しそうに帰りましたね(^◇^) 

今日は楽しかったかな? またくるみ幼稚園に遊びに来てね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、平成23年度新入園児一日入園は無事終了いたしました。 

子どもたちは4月からくるみ幼稚園に登園し、お友達や先生たちと楽しく遊んで楽しく元気に活動していくことになると思います。私たち教職員一同も、子どもたちが健やかに育つような環境整備などを精一杯頑張ってまいります。

現代社会は、何とも世知辛い世の中ではありますが、この国の未来を担う大切な大切な子どもたちを、保護者の皆様と協力し合いながら大いに育ててまいりましょう。これからの3年間は、長いようでアっという間だと思います。どうか保護者の皆様も、子どもたちと一緒になって幼稚園生活を楽しんでください。くるみ幼稚園は、子どもたちのみならず、お家の人たちも”たのしいようちえん”だと思いますので・・・(^◇^)

                                                        (直)

園の教育(行事紹介)|2011-02-24|

卒園旅行(おわかれえんそく)に行って来ました\(^o^)/

くるみ幼稚園では毎年2月のこの時期に、年長さんが『ぐりんぱ』卒園旅行(雪見遠足・お別れ遠足と言ったりもします…)に行きます(^O^)  お家の方にも一緒に行って頂き、友達や、友達のお父さんお母さんたちと思いっきり遊ぶことで、さらなる親睦を深めることはもちろん、幼稚園での楽しい思い出を増やして欲しいという目的もあります。

もちろん幼稚園としての遠足ですから、あくまでも教育活動の一環であり、ルールを守る、時間を守る等の社会生活における大事なことを習得するねらいが同時にあることは言うまでもありません(>_<)

まぁ、そういう固いことはとりあえず置いておいて・・・(+_+) 

とにかく年長さんが一日思いっきり楽しく過ごせるように、年少・年中さんは今日はお休み。幼稚園の全教員が引率指導をして、子どもたちと精いっぱい沢山遊びます。今回はその様子をレポートします(^v^)

 

くるみ幼稚園出発

 

今朝まで、かなり激しく雨が降っていましたが、朝方晴れて青空が見えて来ました。昨夜は先生たちも雨が心配でしたが、どうやら今日は大丈夫そうです!(^O^)/ 

朝、保護者の皆さんと一緒に登園して、みんなが揃ったら並んでバスまで行き、バスに乗車しました(^O^) 普段乗っている園バスよりもずっと大きな観光バスに今日は乗ります。バスがとってもでっかいからドキドキ・・・\(^o^)/

 

バス乗車

 

ちゃんとみんな乗っているかな~? 先生たちが人数を数え、全員がいるかどうかチェックします。なんか、旅行の「ツアーコンダクター」のようですね(^◇^)

 

出発進行!

 

みんなが揃ってバスが出発しました(^v^) 子どもたちはもうワクワクドキドキです。バスは東名高速道路に乗ってどんどん走りますので、すごく早いね~~~。子どもたちも大はしゃぎで普段よりもテンションが高目です\(^o^)/ 

車中では、マイクを回して自己紹介をしたり好きな食べ物を言ったりします。人前でマイクを使って話すことだって、とっても大切なことですよね。  ・・・・・・大人の方に突然マイクが回ってきて・・・お父さんやお母さんの方が緊張してたりして・・・(>_<)

自己紹介が終わったら、みんなで一緒に歌♪を歌ったり、クイズをやったりしてましたので、バスの中は楽しく過ごせました(^◇^)

 

休憩

 

途中、富士川サービスエリアでトイレ休憩を取りました。ここまで来ると、富士山が大きく見えますね(^O^) 天気がすっかり良くなって太陽がサンサンと出てきたので、冬の済んだ青空にぽっかりと白い雲の帽子をかぶったようで、とってもキレイです(^◇^)

 

ぐりんぱ到着

バスの駐車場から、ぐりんぱには歩いて入ります。園内はとっても広いので、入り口ゲートからゲレンデまでは結構距離があるのですが、親子一緒に頑張って歩きます。昨日の雨で雪が溶けてしまっていないかちょっと心配でしたが、途中途中にまだ雪が残っていて、これならゲレンデも期待できるかな?

  

休憩所

 

休憩所内に荷物を置いて、スキーウェアに着替えます。到着したのはお昼よりも前だったのですが、先にお昼のお弁当を食べてしまって、集合時間までずっと遊ぼう!!という親子もいました(^O^)

 

ゲレンデで雪遊び(^O^)

 

今日は以外と他の団体等が少なかったので、ゲレンデを広く使えました! 一人ずつソリを借りて上から一気に滑ります(^O^) ソリは結構スピードが出るので、最初はちょっとコワい子も・・・  

 

地面がデコボコしていると、以外とバランスを取るのも難しいです。ソリが倒れそうになるのを、オットットットッ・・・と(^v^) 頑張って支えます。

ゲレンデの下の方では、雪合戦も始まったみたいですね。子どもたちの中には、雪を初めてみる子もいるのではないでしょうか? 

雪だるま作りも始まりましたよ~(^◇^) 雪を集めてきて、こんなに大きな雪だるまを、みんなで一緒に作りました! 先生たちと一緒に、「ハイ!ポーズ!」

 

・・・楽しかった雪遊びも、午後1時半に終了しました(>_<) 子どもたちはもうちょっと遊んでいたかったけど、お家の方々がもう疲れちゃったみたいでしたね(+_+) 中には体を張って子どもたちと一緒になってはしゃいでくれるお父さんもいらっしゃって、大変嬉しかったです。ありがとうございましたm(__)m

この後は、再びバスに乗って一路掛川まで帰ります。

 

帰りのバス車中で・・・

・・・とってもたくさん遊んだから、疲れて眠くなっちゃったね(^v^) でも、起こさないでそっとしておいてあげてね・・・(^.^)

 

今日の卒園旅行は、事故もなく無事に終了することが出来ました。これも、ご参加下さった保護者の皆様のご理解とご協力の賜物であると、感謝しております。ありがとうございました。

 

くるみ幼稚園の卒園旅行は、伝統的にお父さんの参加がとても多く、例年8~9割のお父さんがお仕事等をお休みしてご参加下さっております。 

子育てとは母親だけが責任を負うのでは無く、父親も子育てに積極的に参加して、家族みんなで子どもたちを守り、そして園と密接に関係し信頼し合って、周りのみんなで一緒に大切な子どもたちを育てていきましょう! という、園の教育方針に保護者の皆様が共感して頂いて今日のようなスタイルになってまいりました。

卒園旅行がこの形になって既に20年以上が経過しておりますが、昨今の現代社会では、ますます母親以外の子育て参加を期待・奨励している方向にあります。逆にいえばくるみ幼稚園は、時代を先取って先進的にそういったことをしていたと言えるのかもしれませんね。

子どもが小さいうちは、やはり母親に依存することが多いでしょうから、母親と子どもの関係が一番密接であるのは半ば当然ですが、だからと言って母親に子育てすべてを任せてしまうのは無理があると思います。ですから、せめて当園のお父さんたちは、こうやって行事には積極的にご参加いただきたいと願っています。

とは言っても、お父さんが、どちらかと言うと女所帯である幼稚園に足を運ぶのはちょっと恥ずかしいかもしれませんね・・・(+_+) 私も男性ですので、お気持ちは良っくわかります・・・(>_<) でもね、幼稚園で何かをして下さいという訳ではないのです。園で、ご自分のお子さんがどうやって過ごしているか、どんなにハツラツと楽しげに過ごしているかを見て・知って頂くだけでも、子育てにおいては大きな力になってくると思いますよ。 まして、お父さんたちのパワーは物凄いです。お父さんにとってはごくごく普通なことでも、子どもたちや女性の先生たちからみたら「スゴイ!」と感じることは、本当にいっぱいあるんですから!!

くるみ幼稚園では、そんなお父さんたちが一緒になって楽しめる活動も沢山ありますので、ぜひぜひ今後も積極的にご参加頂きたいです。

本日卒園旅行にご参加下さいましたお父さん・お母さん、本当にありがとうございました。

滅多にない、お父さんの集団(オヤジ集団!? )と沢山遊べた今日の卒園旅行は、子どもたちにとっては、もちろんお母さん参加だった子どもたちも含めて、とっても素敵な思い出深い活動になっただろうと私どもは信じています(^◇^)

                                              (直)

園の教育(行事紹介)|2011-02-18|

H23.2.15(火)アコーディオン&バラライカ♪コンサート♪を行いました(^△^)

今日のくるみ幼稚園コンサートは、ちょっと珍しい楽器による演奏を行いました(^o^) 以前にも書いたとおりでは、子どもたちの感性を大いに刺激して豊かにすることを願いつつ、ほぼ毎月のようにプロアーティストによるコンサートを実施しています。

人は、綺麗で楽しげな音楽が聞こえてきますと、自然にそちらに耳を傾けると思います。その”本能”をうまく利用して、子どもたちが小さいうちに素敵な本物の音楽をたくさん聞かせてあげ、同時に徐々に彼らの集中力を養っていくことが大きなねらいでもあるのです(^O^)/

入園して3年が経つころには、かなり長時間に渡る演奏でも集中してしっかりと聞くことが出来るようになる(^v^)・・・と言うことは、人間として最も大事なことである、自分以外の他者の意見を聞く力」が同時に養われていくということではないでしょうか(^_-)-☆ 

 

さて、本日の演目は・・・・・・、アコーディオバラライカという楽器を使った音楽コンサートです。

アコーディオンという楽器は幼稚園にもあり先生たちもリズム発表会等で演奏をしますから、子どもたちも何度か見たことはあり、音をどう出すかの構造は何となく理解できるのでしょうが・・・、本日使用したのはまさにプロ仕様!、上記写真左のアコーディオンの右手側のボタンは何と92個、左手側は120個もあるそうです!!音の場所を覚えるだけで大変ですよね。正式にはクラッシックアコーディオンと言うらしいです。写真右の鍵盤式のアコーディオンはお馴染みの形ですが、園で使用する物よりも音域が広いのが特徴ですね。左側のボタンも沢山です(^◇^)

 

バラライカは、見るのも初めてという子が圧倒的でしょうね(^-^) 

 バラライカ Valalaika は、実はロシアの民族楽器で、撥弦楽器=はつげんがっき(弦を弾いて音を出す楽器♪)に属します。空洞になっている胴内で音を共鳴・増幅させる仕組みは、ギター等他の撥弦楽器と同じですが、何と言っても特徴的なのはその形で、胴の部分が写真のとおり三角形をしています(^▲^) それから、弦は3本ですから、日本の三味線とギターの合いの子?的な感じなんでしょうかね(^○^)

  

  

さて、今日演奏をして下さるのは、アコーディンが中山英雄さんと大田智美さん、バラライカは北川翔さんです。

  

中山英雄さんはもう何十年もアコーディオンを弾いていらっしゃる大ベテラン。大田智美さんは中山さんの実の娘さんですから、きっと幼少よりアコーディオンに親しまれていたのでしょう。さらに、日本の音楽大学にはアコーディオン科というものがありませんので、11年ほどドイツやオーストリアの学校でアコーディオンを習っていたそうです(>_<)

北川翔さんは、親子三代にわたる、まさにロシア音楽のサラブレッド!(^○^)! お父さんもバラライカ奏者でしたので、小さいころからバラライカを弾いていて、ロシアにも留学されたそうです。驚くべきは、ロシア民族音楽コンクールで、並み居るロシア人バラライカ奏者を抑えて堂々の第一位に輝いたそうで・・・スゴイです(^○^) 現在、日本で唯一のプロバラライカ奏者として、まだまだお若いですがそのキャリアはとっても豊富です。

  

 

 子どもたちがホールに集合し、やがて演奏がはじまりました・・・。今まで見たことも聞いたこともない楽器を見て聞いて、子どもたちも興味深々で物凄く集中して聞いてました・・・(@_@)

特に「剣の舞」という曲の素早い指と手の動きには、会場内の全員がまさに圧倒されていたみたいでしたね。まさにその動きは”光速”と言っても大げさでは無いのかもしれません(^_-)-☆ バラライカを弾く時には、ギターのような「ピック」は使わず、全部指で弦を弾くそうですから、弦にぶつけるようにかき鳴らすその奏法はとっても激しく情熱的!! もちろん、弱い音の時には弱く甘く切なく優雅に・・・ 小さくて軽い楽器なのに、弾く人が弾けば本当に様々な表現が可能なんですよね(>_<) 当然ながら右手の指先は固くなっているのかな・・・?と、思いきや、以外と繊細で柔らかかったですよ(^O^)

アコーディオンも、ボタンをいくつも同時に押すことによって和音を奏でることが可能となりますので、まさにハンディピアノ?といったところでしょうか。ただ、その重さは何と15キロもあるそうですから、結構、上半身の力と腕力が必要かもしれません(^-^)

  

 

最後には、子どもたちと一緒に知っている曲や園歌を元気に歌いました。アコーディオンとバラライカを伴奏にして歌うなんて初めてですから、ちょっとドキドキでしたけど、でもちゃんと大きな声で歌えました(^O^)

 

演奏終了後には、お家から摘んできた花や、手作りの様々なものを子どもたちからプレゼント(^O^)/ 御三方は東京からいらしたのですが、みんなからもらったプレゼントを大事そうに持って帰ってくれましたm(__)m

 

・・・今日のコンサートは、アコーディオンとバラライカという、普段目にすることがあまり無い楽器によるものでした。

実は、本日演奏して下さった中山英雄さんは、くるみ幼稚園前園長と旧知の仲でありまして、そういった関係でご来園して下さったという訳なのです(^O^) 御三方のおかげで、今日のコンサートはとっても楽しく素晴らしいものになりました。ありがとうございました。

また、本日コンサートを聞きに来て下さった保護者の皆様も、普通だったら中々聞くことが出来ない楽器の生演奏を聞いて、「とっても楽しかった」「すごく素敵だった」という多くのご感想を頂きました。くるみ幼稚園では、今後もこういった楽しいコンサートを企画していきますので、また聞きに来て下さいね\(^o^)/

                                                                (直)

くるみ幼稚園コンサート|2011-02-15|

絵画造形展 ”わくわく くるみパーク”へようこそ!

平成23年2月4日(金)と2月5日(土)には、くるみ幼稚園の大きな行事の一つである、絵画造形展を行います。今年は、『わくわく くるみパーク ~ほら きみも〇〇はかせ!~』と題して園児の様々な絵画・造形作品を園内全保育室に展示しております(^◇^)

 

行事の趣旨やねらいとしては、子どもたちのこの一年間のゆみや発達をじっくりと保護者の皆様に見学して頂き、また、親子で色々な物を作って遊びながら親子のふれあいの場としていく、というものです(^○^)

 

展示作品内容は・・・

園児の年間作品・・・絵画・紙工作・工芸・染物・焼物・画綴り・共同作品 などなど

3歳から5歳の絵画・造形にみる発達の実際の様子

年長児親子共同による作品

☆「絵画造形教室」に通う生徒の作品 ・・・などです。

 

本日午前中は、在園児が園内の展示作品を先生たちやみんなと一緒に見て回りました(@_@) 

自分たちが作った作品だけでなく、他の学年が作った様々な作品も良~く見て、遊び方やお約束を教わります。みんなが心を一つにして一生懸命作ったモノなんだから、大事に遊びたいよね!\(^o^)/

  

園の教育(行事紹介)|2011-02-04|

(^◇^)にこにこランチに〇〇がでたよ~!(^^)!

本日くるみ幼稚園では、ちょっとしたサプライズがありました・・・(~_~)(>_<)

 

それは・・・、お昼が近くなり、子どもたちがにこにこランチの支度中に起こりました・・・。

いつものように先生が厨房から子どもたちのランチが入った食管(ご飯やおつゆが入った大きな入れ物で、それを個々の食器に盛り付けるのです。)や食器を持ってきて、お部屋で支度をし、『さぁ、今から配膳するよ!』と言ってごはんの食管を開けた瞬間・・・・・・

な、何と食管の中から〇〇が出てきたのです!!!

これには、開けた先生がまずはびっくり! 近くにいた子どもたちもびっくり! もちろん先生は、「オニがいるよー」とみんなに見せたのは言うまでもありませんね(^○^) 以下は子どもたちの感想の一部です。

「ランチのおばさんたち、こんなのつくっちゃってスゴイー!!」

「なんか、たべるのもったいないね~~」

「お豆のスープあったかいね~~」

「さかなのフライ、オニさんがもってる”ボウ(金棒のこと?)”みたいだけど、カリカリしてておいしいね~」

・・・と、子どもたちも大喜びで今日のにんじんごはんを食べていましたよ(^O^)/

 

本当だったら明日2月3日が節分ですが、くるみ幼稚園では2月4日(金)~5日(土)にかけて行われる大きな行事・『絵画造形展』に向けての準備のため、2月3日が午前保育となります。明日はランチが無いために、厨房の栄養士さんや調理員さんが気を利かせて作ってくれたのです。それも、みんなにはナイショで(^-^)

ちなみに、今日のメニューはキャロットライス・お豆のスープ・魚のチーズフライ・ブロッコリーのきな粉あえ・プリンだったのですが、オニさんの材料は・・・何でできていたのでしょうか?写真からおわかり頂けますか?

答えは・・・

髪…玉ねぎ

ツノ…コーン

目…グリーンピース

鼻…ブロッコリーのくき

口…にんじん・ケチャップ

肌…にんじんごはん!・・・でした。

プリンが、になってるのが、またかわいいでしょう?(^O^)

 

くるみ幼稚園では、給食を『にこにこランチ』と称して、自園厨房での手作り給食を毎回提供しております。やはり自園内で作ってすぐに食べる食事は、ホカホカと温かくて、とても美味しいと子どもたちにも大人気なのです(^○^)

しかし私はつくづく思うのですが、料理の味を決めるのは、優れた設備や高価な材料だけではなくて、やっぱり作ってくれる人たちの「愛情」が一番のスパイスなのかな?と、感じざるを得ません・・・。 当園のランチは、栄養バランス、質、量すべてにおいて大満足(^O^)!! もちろん、肝心な味も、愛情たっぷりですからとっても美味しいんですよ!

実は今日のオニのランチも、ランチのおばさんたちが、何とか子どもたちににんじんを食べさせたいという発想から生まれたものだそうです。子どもたちのことをいつもいつも考えてくれて、嫌いで苦手な食材がある子でも、ランチが楽しいものになるように一生懸命考えて料理を作って下さる皆さんには、いつも頭が下がる思いですし、いつも心から感謝しております\(^o^)/

これからも、美味しいランチをお願いしますね!!(^-^)

                                                (直)

保育の様子|2011-02-02|