バックナンバー [ 10月 2011 ]

図書館へ行ってきました(^-^)

今日のくるみ幼稚園では、年長さんが、園外保育の一環で”掛川市立中央図書館”まで行ってまいりました\(^o^)/ 天気は良好風もなく、絶好のお散歩日和。市中心の商店街を通って図書館までみんなで元気に歩いて・・・出発進行です!

 

掛川市立中央図書館は、乳幼児向けの本がかなり充実しており、乳幼児用のコーナーが一般用と分かれて存在しています・・・。

事前に先生から、「図書館ではシー(-.-)だよ・・・」と教えられていましたが、それでも図書館に入るなり子どもたちから、「わぁーひろいね!」「本がいっぱいあるね!」といった声が聞かれました。幼稚園の図書室にも沢山の本がありますが、やっぱり図書館の蔵書数はズゴイです(^○^)

  

掛川市立中央図書館には、『よみきかせの部屋』もあります。クツを脱いで部屋の中に入ると、そこには・・・図書館司書さんが大きな絵本を持って待っていてくれました(^-^)

・・・はじめに手遊びをして子どもたちを落ち着かせてから・・・楽しい絵本のはじまりはじまり~。普段保育室でも先生から沢山の絵本を読んでもらってますが、違う人に読んでもらうのも良いですね!

 

読み聞かせが終わったら・・・た~くさんある絵本から、自分の読みたい本を探します。司書さんに自分の探している本がどこにあるのか聞いている子もいました。何となく、図書の分類とか自分の好きな分野の本がどこにあるのかがわかったかな~?(^○^)

本が決まったら、子ども用丸テーブルに座って、みんなで好きな絵本を閲覧しました。

  

中には、こーんなにスゴイ仕掛け絵本もありました!図書館ならではですね(^○^)

  

さて、今回の図書館訪問は、掛川市教育委員会が薦める掛川市子ども読書活動推進事業の一環で、図書館側の全面バックアップがあって実現することが出来た企画です。子どもたちが小さいうちから、素敵な本に囲まれて、本を読むということを習慣としてくれたら良いなという願いの元に行いました。

これがきっかけとなって、今度はお家の人と一緒に図書館を訪問して、本を借りていくことが普通になってくれたら・・・素晴らしいですよね。何せ図書館の蔵書は数万冊!? 人類の英知たる”書籍”に溢れているわけですからね(^○^)

しかしながら…、100名近い幼児をいっぺんに受け入れるためには、それ相応の施設設備、蔵書が無いと難しいと思いますが、先に書いた通り掛川市立中央図書館は、そのすべてを満たしております。さらには、司書さんの多くのご協力により大変スムーズに図書館訪問が出来ました。図書館の皆様、ありがとうございましたm(__)m

  

・・・帰りに、みんなで「こだわりっぱ」に寄ってきました(^○^)

そこでの目的は・・・ 何とアイスクリーム! 今日は10月だというのに暑かったから、沢山歩いて暑くなってアイスがとっても美味しかったでしょうね! 

元気に図書館訪問+こだわりっぱに行った年長さんでした(^○^)

                                          (直)

保育の様子|2011-10-25|

♪ 箏とフルートの調べ ♪

くるみ幼稚園では、毎月のようにプロ音楽家による本格的コンサートを行っているのですが、それは子どもたちの心が≪本物≫を見たり聴いたりすることで感性を大きく刺激され、子どもたちの”聴く力”や”集中力”を養うことに一役を買っていると考えているからなんです。さて、今日のコンサートは・・・?

 

実は本日行ったコンサートは、フルートという、日本音楽と西洋音楽の融合をもくろんだ、ちょっと面白いコンサートでした(^O^) 箏の奏でる”和の音”と、”西洋”で生まれたフルートによる澄んだ音のコラボレーション・・・、だったのです。

本日箏を演奏して下さったのは、浜松在住の箏奏者、坂下憲吾さん坂下由季乃さんでした。フルート奏者は、くるみ幼稚園ではお馴染みの山城奈奈子さんです。

  

まずはじめに・・・ 箏の素敵な音が園ホール内に響き渡り、子どもたちも興味津々で聴き入ります。「感動すること」を、良く『琴線に触れる』と申しますが、日本人だからなのか? 日本の音がDNAに染みついているのか?箏の音色を聴いてまさにそれを実感した気がします。

 

途中、フルートを箏に合わせて両楽器をコラボレートして頂きましたが、これもバッチリでした!(^○^) 曲目も子どもたちが知っている大好きな曲を演奏してくれて、ホール内は大いに盛り上がり、子ども達の熱気で10月だと言うのに暑いくらいでしたね(>_<)

 

素敵な演奏をして下さった御三方に、子どもたちからミニミニプレゼントです\(^o^)/ 

あまりに沢山の子どもたちの手作りプレゼントをもらって、演奏家三名も大感激でした。

本日演奏下さった皆様、素晴らしい演奏をありがとうございました。また聞かせて下さい!

                                             (直)

くるみ幼稚園コンサート|2011-10-24|

年中さんの”パンやさんにおかいもの”(^O^)/

くるみ幼稚園では、毎年10月の中ごろに、”パン屋さんにおかいもの”と題し、年中児全員が、実際に街中にあるパン屋さんまで歩いて赴き、自分でパンを選んで買ってくる、という園外保育を実施しております。

これは、子どもたちが大好きな歌、”パン屋さんにおかいもの”という手遊び歌を楽しく歌うことで日常の保育を徐々に発展させていき、子どもたちと一緒にパンについて知りながら、街中を交通ルールを守って頑張って歩くこと、実際にお店に行って買い物を体験すること、自分が選んだパンをみんなで一緒に美味しく食べること・・・等の、沢山のねらいや目的を含んだ、くるみ幼稚園独自保育活動として行っているものであります。

詳しくは、昨年の様子を報告したブログがありますので、そちらも合わせてご覧いただくと、より一層理解が深まると思います!↓↓↓

http://www.kurumi.ac.jp/kurumi/blog/state/20101015-155.html

 

そんな訳で、本日は年中さんが、園から数百メートル先の掛川市西町にあります、掛川アンデルセン(三河屋商店)にやってまいりました(^○^)

  

さすが本物のお店屋さんです!! 入口には可愛いPOPがありますね・・・。本日は”20%OFFデー”と言うことで、ちょっとお得な日なんですね(^O^)/  

・・・ん!何やら「くるみ幼稚園」の表示が・・・

   

さあ、みんなで一緒にお店の中に入ってみましょう!!\(^o^)/

  

お店の中には、またまたかわいいPOPがありました・・・(^_-)-☆ とっても素敵なパンのイラストも見られます。

並んでいるパンは・・・りんぐどーなつふらんくふるとぶれっどめろんすてぃっくはむろーる・・・ですって!!とっても美味しそうですね!しかも去年と違う種類!! ちゃんと考えて下さっているんですね。本当にありがたいです。 子どもたちに「売る」パンは、三河屋さんのご厚意で、子どもたち用に特別に作ってもらったちょっと小さいサイズのパンなんですよ。

  

うーん・・・(>_<) ぜんぶおいしそうでまよっちゃうぅ・・・

  

さてさて、自分が食べたいパンを選んだら・・・ その次は、レジに並んで、お財布からお金を出して、お支払でしたよね。 「これください!」とみんな元気に言えました!(^○^) ・・・中には、パンを選んだと同時に(お金を払う前に)バッグの中に入れてしまう子もおりましたが・・・(>_<) でもこれで、”お買い物”のし方が良くわかったよね(^-^)

  

さて、突然話は変わりますが、上記の写真・・・道路アスファルト上に、沢山白いキズがついているのがわかりますか?

・・・これ実は、10月7日~9日に行われた掛川祭での、屋台の通った”跡”なんです。掛川アンデルセンのある掛川市西町は、掛川中心部41町に属し、当日は多くの屋台で賑わいました。これを書いている私自身も毎年、くるみ幼稚園の地元で祭りに参加しております。

しかしながら、年々、掛川市もドーナツ化現象等の様々な理由で中心部人口が減っており、それは41町、特に掛川城近辺の町では、とっても深刻な問題になっています。最早、そこに住んでいる人たちだけでは祭りを運営することが難しく、祭青年役員の年齢上限を引き上げるなどの対策を講じたりしているようです。

しかし今やそれだけでは足らず、町によっては、いったん外に出てしまった前の居住者を、祭りの時にだけ呼び戻す等の対処をして、何とかして人を集めないと、屋台の運行すらできなくなってしまう可能性も、近い将来出てきてしまうのかもしれません。これは全国的に社会問題化している、「少子高齢化」・「都市中心部の空洞化」がここ掛川にもやってきていると言えるのでしょうね。

掛川市中心部に位置するくるみ幼稚園としても、それはゆゆしき問題で、やはり町の中心は、それなりに賑わっていないと”寂しい”気がしてなりません・・・。園に通う子どもたちも大好きな「掛川祭」が、長い伝統を保ちつつ今後も継続していくことを、心から願ってやみません・・・。

 

・・・話が脱線して大変申し訳なかったですが、と、言う訳で子どもたちはパン屋さんから園に戻り、みんなで一緒に買ってきた美味しいパンを食べました(^v^)

                                                    (直)

保育の様子|2011-10-13|

くるみ農園情報! その7(芋ほり)

くるみ幼稚園くるみ農園も、いよいよ収穫の日がやってまいりました。子どもたちも朝から大張り切りです(^○^)

 

今日はお母さんたちもお手伝いに来て下さり、まだ残っているおイモのツルを片付けたり、子どもたちがいもほりをしやすいようにしてくださいました。

     

イモ畑から、とっても小さくて可愛いヘビが・・・(^-^) その他カナヘビや色々な虫たちもびっくりして顔を覗かせましたよ(^-^) お母さんたちのご協力で、くるみ農園の畑からツルがなくなり、イモを掘れる状態になりました。

 

始めに先生から、おイモの掘り方を教わります。一つの株から、大きなおイモが沢山ついているので、子どもたちもびっくりです。

 

いよいよ子どもたちの番です。畑のウネの中に並んで入り・・・、自分の掘る場所を決めたら、さあ、いもほり開始です。

 

シャベルはほとんど使わずに、みんな自分の手で掘っていました。少しずつ少しずつ掘っていくと、段々とおイモが顔を覗かせます。イモが途中で折れないように、しっかりと深くまで掘ります。

一つの株に対して、おイモって横につくんですね。写真からよ~くわかると思います。

 

今年は大豊作のようで、一つの株にた~くさんのおイモがついていました。沢山あったので、子どもたちみんなで協力して掘りました(^○^) もちろん、自分で掘ったおイモは、自分で持ち帰りました。

 

みんなで頑張って協力しておイモを掘ってくれたので、あっと言う間にすべてのおイモが採れました。クラスごとに記念撮影! 

すべてのおイモを掘った後は、お母さんたちが畑をきれいに均して下さいました。くるみ農園はこのあと・・・どうなるのでしょうか・・・? このブログ『くるみ農園情報!』は、今回が最終回!? なのかどうなのか・・・? それは、お楽しみです(^-^)

 

今日は天気が良く、とっても気持ちが良いので、隣の公園でお弁当を食べました。たくさん働いた後はお弁当も美味しいね!

 

食後はついでに、みんなでゲーム遊びをしました。ポーズがなかなか決まってるでしょう?(^○^)

 

・・・と、いう訳で年長さんが5月に苗付けしたおイモは、約5か月間でとってもとっても大きくなり、くるみ農園初年度としては、大豊作となりました。最初の畑耕しから始まって、土壌改良、サツマイモ苗の選定、苗付け、水掛け、除草、追肥・・・などなどは、年長の先生たちを中心に、ほとんど教職員と子どもたちのみで行ってまいりました。

ずっと頑張っておイモを作ってきたんだから、もしあまり採れなくても、子どもたちは満足してくれるだろう・・・なんて思いつつ、でも沢山なって欲しい・・・とも願いながら、何とか収穫を迎えることが出来ました。蓋を開けてみたら思った以上の収穫で、みんな大満足でした。教職員一同、ホッとしております。

これから数日間は、自分たちで作ったおイモがにこにこランチに出たり、他学年でも「おいものパーティ」をしたり、しばらく園内はサツマイモで盛り上がることでしょうね(^O^)

                                              (直)

保育の様子|2011-10-12|

くるみ農園情報! その6

掛川祭も終わり、日増しに朝晩が涼しくなってきました。まさに、”秋たけなわ”ですね。くるみ幼稚園くるみ農園のサツマイモたちも、いよいよ収穫の時期が迫ってまいりました(^○^)

今日は、明日の「いもほり」に備え、長~くなったおイモのツルを年長児みんなで取ることにしました。もちろん、おイモを掘りやすくするためです。

以前の『くるみ農園情報!でも報告しましたが、おイモのツルはとっても長くなり、青々と茂っています。まずは先生から、どうやっておイモのツルを”刈る”かを教えてもらいました(^O^)

 

子どもたちが実際に引っ張ってみると、おイモのツルの長いこと長いこと・・・(>_<) ツルとツルが沢山絡まって、子どもたちが力を合わせても、なかなか抜けません。 サツマイモのツルって、こーんなに長く伸びるものなんだって、皆さんご存知だったでしょうか? 

 

「うわー!長いねー!」とか、「こーんなに大きく長くなっていたんだね!」と言う声が聴こえてきそうです。

 

子どもたちみんなで協力してツルを片付けます。これで明日の「いもほり」の準備が出来ました。

 

ツルの長さを測ってみたら・・・ 道路の道幅いっぱいありましたよ!\(^o^)/

  

・・・ツルがとっても長いね、けっこう太くて丈夫だね・・・ 何かに使えないかな・・・? 

!そうだ!葉っぱを取れば、なわとびのなわになるかもね!

 

お隣の公園で、みんなでなわとびをしてみました。ちゃんと”なわとびのなわ”の役割を果たします。・・・子どもの発想力って、面白いですよね!(^○^)

 

いよいよ明日は年長さんが待ちに待ったいもほりの日です。5月に苗を植えてから約5か月間。お水を掛けたり、雑草を抜いたりして、子どもたちはおイモのお世話を沢山してくれました。はたしてどんなおイモが取れるでしょうか・・・

                                                    (直) 

保育の様子|2011-10-11|