バックナンバー [ 7月 2012 ]

年長さん”一泊保育”!!②

・・・くるみ幼稚園の『年長さん”一泊保育””!!①』からの続きとなります(^○^)

 

つま恋のお風呂に入った後は、幼稚園に帰ってきてちょっとくつろいだり、自分のお布団を敷きました。みんな自分の寝る場所をきれいに作ります(^O^)/

   

そして、待ちに待った夕食です。再び朝と同じくるみレストランに全員集合し、自分たちが作った手作りアルミのお皿で美味しい美味しいカレーを食べます。順序良くカレーをよそってみらい、全員が揃ってから『いただきます!』

  

今日は、居尻でいっぱい遊んで良く動き、良く笑いましたので、おなかもペッコペコになったのでしょう。たくさんおかわりをしている子もおりました。ちなみに、子どもたちに夕食の配膳をして下さったのは、女性役員さんと地区委員のお母さんたちでした! 本当にありがとうございました(^O^)

  

そして夕食の後は・・・。ちょっとハラハラドキドキの『おばけやしき』です。子どもたちは色々な意味で期待しておりましたが・・・・・・まず始めに、先生からコワ~イお話をしてもらい、雰囲気を盛り上げます・・・。みんな食い入るように真剣に聞いてました。「先生こわーい」「おばけなんかこわくないよ!」・・・と、色々な声が聞こえますが、やっぱりみんなコワイんでしょう。

  

・・・”おばけやしき”なんて、小さい子どもを驚かせるようなことをするな!と思う方も、保護者の中にはいらっしゃるかもしれませんが、集団教育の中で、「何だかわからないけど怖いもの」「得体が知れないもの」が、この世の中にはあるのだと言うことを、幼児のうちから経験することは大切なことであり、それこそが教育の醍醐味だと私たちは考えています。

人類が万物の霊長を気取り、「この世に怖いものなんて無い!」と思うことこそが、人間の傲慢さであり、やがてそれは人間関係のひずみや社会崩壊を招く恐れがあるのでは・・・ないでしょうか?  自身の力の及ばないものを「畏れ」と称し、それを敬い尊ぶことで古来より人間は自然とともに生きてまいりましたが、そういった「真摯な心」があるからこそ人間は謙虚になれるだろうし、他者に優しくなれる。それは万国共通で人間が持っているとっても素晴らしいものだと思うのです。

   

そういう意味を込めての「おばけやしき」は、将来もきっと、子どもたちの心の片隅に残っていってくれるのではないかと願っています。

  

 

さてさて、当然ですが、おばけやしきで子どもの心をダウン↓↓↓させたまま就寝させるようなことは、くるみ幼稚園では決していたしません(^○^)  怖いことを頑張って乗り越えた子どもたちに、お父さんたちからキレイな花火のプレゼントです。

 

お父さんたちが「アチチ!」と言いなが一生懸命頑張って、沢山の打ち上げ花火や吹上花火を上げてくれてました。夜空にきれいに輝いた花火を見上げて、思わず、「わ~スゴイ!」「キレイ!」と言っている子どもたちの晴々した顔が写真からもわかると思います。

  

・・・この後、子どもたちはお部屋でいよいよ就寝。

 

電気を消したらすんなり寝てしまう子、コーフンしてなかなか眠れない子、楽しくてついついお友だちと話してしまう子・・・などなど、子どもたちが沢山いれば様々です。だけどやっぱり今日一日たっぷり遊んだ疲れからか、みんなグッスリでした(^O^)

と、言う訳で第一日目は、事故やケガもまったくなく、無事に終了いたしました(^O^)

    

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第2日目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・夜、子どたちは全員無事に就寝しましたが、夜中にもトイレに行く必要のある子どもを起こしてあげたり、興奮して起きてしまう子どもを静かに寝付かせたり・・・と、様々なことがありました(^v^) 

  

それでもみんな、元気よく起床!!!

   

起床時間がきて、全員が起きました。パジャマを脱いでたたみ、自分の布団をたたむなどの身支度をします。布団をたたむだけではなくて、布団袋に入れ、お家に持って帰る用意も自分で行いました(^O^)

   

朝は、外で集会を行いました(^O^) 元気に体操もしましたよ! 園庭を思いっきり駆け回って、そろそろお腹が空いてきたかな???

  

「いただきます」をする前に、くるみ会会長さんからのお話です。・・・お話の後は、みんなで元気に歌をうたいました!

    

いよいよ『いただきます』です。みんなもうお腹がペッコペコ。元気に挨拶をして朝食を食べました!

   

朝食が終わった後は、昨日からずっと一緒にいて頂いた、役員のお父さんたちにお礼のご挨拶をしました。実は役員のお父さんには、園にも一緒に泊って頂き、子どもたちみんなが元気に過ごせるように陰からずっと支えて下さいました。本当にありがとうございましたm(__)m

 

・・・くるみ幼稚園一泊保育も残すところあとわずか。朝食後に園長私からもお話をさせて頂きましたし、お部屋に帰ってからも先生からお話がありました昨日と今日の一泊保育、とっても楽しかったね!」「みんなが頑張ったから、お家の人と離れても大丈夫だったね!」「みんなとってもカッコよかったです!」・・・と、言ったような話が、どのクラスでもされておりました(^v^)

   

そして降園です・・・。クラス毎にお家の人に迎えに来ていただきました! 「お母さん!ボクとっても頑張ったよ!」と言って笑顔で抱きつく我が子が、たった一日見なかっただけで、『ずいぶん成長したね!』って感じませんでしたか?

    

お帰りの場面は、今回の行事の中で数あるシーンの中でも、ちょっと感動的な場面でしょう?!! 丸一日に渡って我が子と離れていたお家の方々が、子どもを見つけた瞬間に見せる満面の笑顔、お家の人に思いきり駆け寄る子、それを見守る先生・・・。三者の信頼関係が成立しているからこそ、見られる光景ですよね(^O^)

   

・・・と、言う訳で、平成24年度、くるみ幼稚園51回目の一泊保育も無事に終了することが出来ました。まずは、この行事を行う狙いや意義を的確にご理解いただき、全面的にご協力いただきました、年長の全保護者の皆様に厚く御礼を申し上げます。中でも特に、役員・地区委員・学級委員の皆様には、直接・間接問わず大変献身的なご協力をたくさん頂きました。重ねて御礼を申し上げます。

男性役員さんは、丸一日以上連続でお付き合いをいただき、子どもたちと一緒に園に泊って頂きました。陰に日なたにフル回転のご活躍、そしてこちらからお願いすることを嫌な顔一つせずに正確かつ確実にこなして頂くその秘めたる力量には、ただただ脱帽・感謝するばかりです。 

参加頂いたお父さん・お母さんからは、『自分も楽しかったです!』というご感想を頂きました。非常に嬉しく思うと同時に、私たち園側としては、皆さんの心からのご支援に対して、やはり通常の保育活動を教職員一人一人が心を込めて行うことでしかお返し出来ないと改めて認識しました。本当に本当にありがとうございました。m(__)m

   

こういった行事を安全・確実に楽しく行うためには、参加された保護者の皆さんたちが身を持って示して下さった『親の教育力』をはじめ、大人たちの指導・援助の手が必要です。私たちは園の諸活動を、子どもの育ちのためには大変意義あるものと信じて行っております。個々の子どもと、集団としての子どもたちが一層楽しく前進できるよう、今後ともどうぞご協力をお願い申し上げます。

子ども達と共に、いつも保護者の皆様、そして先生たちの笑顔があふれる行事の素晴らしさをかみしめ、くるみ幼稚園教育の確かなる伝承と実りをとてもうれしく思います。

子どもたちが初めて親元を離れ、大好きな友だちや先生と一夜を過ごすことを実践したという経験と、それを達成した喜びは、やがて彼ら自身が自立するための大きな自信となりましょう。これぞ一泊保育を行うための大きな狙いの一つでありました。それらの環境作りにお力添えを頂き、本当にありがとうございました。

心からの感謝を申し上げ、御礼のご挨拶とさせていただきますm(__)m

 

                    くるみ幼稚園 園長 小澤直明・教職員一同

        

園の教育(行事紹介)|2012-07-27|

年長さん”一泊保育”!!①

昨日一学期の終業式を行ったことにより、くるみ幼稚園も本日から夏休みです。式中で子どもたちにも告げたのですが、夏休み中には、自ら色々なことに興味を持って取り組んだり、お家の人と一緒に出掛けたり、様々な遊びや経験をすることで、元気に大きく成長し、また2学期からの幼稚園生活が楽しく有意義に送れるようにしたいものです。保護者の皆様、よろしくお願いします。

 

さて本日は、その夏休み初日となるのですが、くるみ幼稚園では、恒例の年長児一泊保育が行われました(^O^)

 

朝、子どもたちはいつものように園に登園してきましたが・・・。これから丸一日以上、子どもたちは親元を離れ、幼稚園で大好きな友だちや先生たちと一緒に過ごすことになるのです。みんな大丈夫かなぁ???

  

お部屋に集まって、朝のごあいさつ。これから一泊保育が始まります!(^O^)

 

ホールに集まって朝の挨拶が終わった後は、今日一緒に遊んでくれるお父さんとお母さんたちの紹介です。沢山のお父さんやお母さんが今日の一泊保育のお手伝いをして下さいます。よろしくお願いしますm(__)m!!

  

ホールでの集会が終わったら、いよいよ出発進行!! 居尻へ向かいます。

 

居尻に到着、吊り橋を渡って川に向かいます。

 

今日はとっても暑い日でしたので、川の水が冷たくて気持ち良かったです!お父さんの手作りいかだに乗って遊びました!(いかだを作って下さっている様子は↓↓↓をご覧ください(^O^)) 水かけっこもたのし~い!!

http://www.kurumi.ac.jp/kurumi/blog/other/20120713-1361.html

  

思いっきり水遊びをした後は、美味しい美味しいお弁当です。たくさん遊んだから、みんなおなかがペッコペコでした(^O^)

 

お弁当を食べた後は、居尻を散策しました\(^o^)/

あっと言う間に居尻とお別れをして、つま恋に向かいます。次は楽しい楽しいお風呂です。

 

・・・つま恋のお風呂から帰った後のバス車中では・・・(^○^) 子どもたちは疲れてグッスリでした(^O^)

この後、園に戻って活動はまだまだ続きます。  

・・・②に続きます。

                                                  (直)

 

園の教育(行事紹介)|2012-07-26|

一学期終業式!

早いものでくるみ幼稚園も、今日で第一学期が終了です。今日は全員がホールにそろって、終業式を行いました(^○^)

  

「前へならえ」の合図で、きれいにならべました。年少さんは、3ヶ月ちょっと前に同じホールで、『入園式』を行いました。たった3ヶ月しか経っておりませんが、その間にお返事は上手に出来るようになったし、みんなで並ぶこともできるようになりました。こんなに成長したんですよ(^○^)

    

明日から、年少・中さんは夏休みに入ります。1ヶ月とちょっとの間、幼稚園ともお別れですね。 夏休みの間、早寝早起きを心掛ける、知らない人についていかない、等のお約束を子どもたちといたしました。

 

今日は先生たちで、『ブーン・チク』のてあそびも行いました。先生達のコミカルな動きに、子どもたちはとっても楽しんでくれたみたいです。

 

 

さて、明日から夏休み。子どもたちはお家で過ごすことになると思いますが、夏休みならではの遊びをしてもらいたいと思います。家族で出掛けるもよし、お父さんと虫取りに行くも良し、お母さんと買い物に行くのも楽しいでしょう。おじいちゃんおばあちゃんのお家に遊びに行くのも、きっとワクワクして楽しいでしょうね(^O^)

年長さんは、明日からいよいよ待ちに待った一泊保育!親元を離れて、おともだちと一緒に幼稚園に泊まります。今まで保育の中では、一泊保育に向けて保育の中で色々な準備をしてまいりました。 明日はその本番!くるみ幼稚園全教職員で、年長さんたちと沢山遊びたいと思っています。

年長の保護者の皆様には、多大なご協力をお願いしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

                                                     (直)

保育の様子|2012-07-25|

こぐまのへや(未就園児親子教室)⑪プール!(^o^)/

今日のくるみ幼稚園こぐまのへやでは、プールあそびを行いました。 普段年少さんが使っているプールを借りて、プールに入ってあそびます。昨日”梅雨明け宣言”がされたそうで、今日の天気は快晴、気温も暑くていよいよ夏の到来ですね! 子どもたちも暑い中水に入って気持ち良さそうです。

  

幼稚園のプールは多分、普段おうちで入ってるプールよりも大きいでしょうから、子どもたちは広々と水につかってとても楽しそうでした(^○^)

 

さて、くるみ幼稚園ももうすぐ夏休みに入りますので、こぐまのへやも今回が最終回となります。今年度は、回数を例年よりも多めに設定し、さらに内容もより幼稚園教育的なものにしていこうと考えて行ってまいりましたが、いかがだったでしょうか?? またご感想をお聞かせくださいね。

   

さてさて、次回・・・は、こぐまのへやではないのですが、7月31日(火)9時30分から、くるみ幼稚園入園説明会を行います。詳しくは下記をご覧ください↓↓↓

http://www.kurumi.ac.jp/kurumi/blog/nyuen/20120703-1285.html

  

お子さんと一緒に園に来て頂いて、ほんの少しの時間ですがお子さんは保護者の方と離れ、保育室で”幼稚園ごっこ”をしてもらっている間に、保護者の皆様に対してくるみ幼稚園入園に関する各種説明をさせて頂きます。たとえ一時とは言え、親御さんとちょっと離れて行う幼稚園ごっこも、お子さんにとっては楽しい活動になると思いますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

                                                      (直)

こぐまのへや|2012-07-19|

お父さんのイカダ作り\(^o^)/

本日のくるみ幼稚園では、お父さんたちに来て頂いて、年長さんが7月26~27日に行うくるみ幼稚園恒例伝統行事『一泊保育』の、午前中のメイン行事となる、イカダ遊びのイカダを作って頂きました(^○^)

このは、先日「年長さんの竹洗い」の回でも書かせて頂きましたが、くるみ会役員のお父さんたちが、近くの山から切り出して来て頂いたとっても太い竹です。それを子どもたちが一生懸命タワシでゴシゴシ洗ってくれたものです。

本日は、イカダ作りの呼び掛けに参加して下さった10数名のお父さんたちで、当日に使用する2台のイカダを作ってまいります。 さてさて、どんな様子だったのでしょうか・・・(^○^)

 

まずは、全員で集まって頂いて簡単な自己紹介をしたのち、イカダの作り方を説明させていただきました。イカダ製作用の図面と、過去に作ったものの写真を合わせて見ていただきながら皆さんのイメージを膨らませて頂きました。

 

いよいよイカダ作りに入ります。

まずは竹の選定。何本かある竹の中から、どれをどのように組み合わせたら”シックリ”行くのか??をみなさんで考えていただきました。何せ竹は一本3メートル弱、太さは直径15センチ以上ありますので、一本一本がとても重いです・・・(>_<) そして自然に生えていた竹ですから、当然ながら所々曲がっています・・・ でもお父さんたちが「これとこれを組み合わせて・・・」とみんなで考えながら、ベストの竹を選んで、ここからは2班に分かれて作業を開始しました!

 

竹の節を削ります。

今回採ってきた竹はとても大きいもので、節から枝が生えていることもありませんので、それほどデコボコしておりませんが、子どもたちは水着でイカダに乗ることになるので、竹の節を削って座りよくして頂きました。現代は、一般家庭でもグラインダーをお持ちの方がいらっしゃいますので、作業効率がとっても早いですね(^◇^)

   

断面には布ガムテープを巻いて保護をします。

  

本体と持ち手を組み合わせるために、本体を削って穴を開けます。ここでも電動ノコギリグラインダーが大活躍・・・(^◇^) 20年前は主導のノコギリ、カンナ、ノミ等を使ってコツコツと作っていたのですが・・・。道具の進歩を感じますね(^v^)

   

途中で、子どもたちも見に来てくれました。自分たちが洗った竹が、だんだんとイカダの形になってく様子もさることながら、普段と違って工具を駆使してみるみるイカダを仕上げていくカッコイイお父さんたちの”勇姿”は、子どもたちの目に焼きついたのではないでしょうか?

   

削った穴に持ち手を差し込みます。ここがグラグラししまうと、本番のイカダあそびの時にイカダが壊れてしまうので、力を入れてグイグイと結びます。こういうことは、幼稚園の先生やお母さんたちだけでは無理でしょうね・・・。まさに、お父さんたちの腕の見せ所です!

   

さて、イカダは、竹4本だけでもかなり水に浮くのですが、さらにタイヤチューブに空気を入れて取り付けて浮力を上げます。このチューブ・・・最近のトラックのタイヤはみんなチューブレスになってしまい、今では手に入りにくい代物になってしまいましたので、集めるのがとっても大変です。

園でも大切に使ってはいるのですが、どうしてもパンクしたり壊れてしまったりして・・・(T_T) でも今年は、沢山チューブを寄付して頂きました!大感謝です。ありがとうございました!!

そしてそのチューブをイカダに取り付けて・・・

   

完成です!! やはりお父さんたちの力はスゴイ!!! わずか2時間半でこれだけのものが完成しました! 素敵でしょう?

  

頑張って、素敵なイカダを作っていただいたお父さんたちは、ご自分のお子さんのクラスで一緒ににこにこランチを召し上がって頂きました。子どもたちも、お父さんがお部屋に遊びに来てくれて、大喜びでした!

 

くるみ幼稚園一泊保育は、創立からずっと続いている伝統ある行事で、昨年一昨年にも詳しいブログが掲載されていますので、ご覧いただければ様子が何となくわかると思います。

園では行事当日、全部の職員が年長児だけについて、つきっきりで楽しく一日を過ごすのですが、多くの子どもたちと一夜を共にすると言うことには、様々な困難が伴ないますので、昨今では「お泊り保育」を行わない園も多いと聞きます。そうは言ってもこの行事は、くるみ幼稚園創立以来の伝統行事であり、何より、子どもたちが飛躍的に”成長”してくれる期待が大いに持てる教育活動でありますので、皆さんのお力を少しずつお借りしながら、園ではこの行事を進めてまいりたいと思っています。

現在年長さんは、保育の中でも、この一泊保育に向けて、物的・精神的に様々な準備をしながら、期待を膨らませている所です。

このブログでも、その様子はお伝えしていきたいと思っています。

本日イカダ作りにご参加下さったお父さんたち、ありがとうございました。幼稚園という普段女所帯の場所に大人の男性陣が沢山来て下さると、子どもたちにはまた違った刺激となり、とても良い雰囲気ができると思います。また遊びに来て下さいね!

そして皆様、一泊保育へのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

                                (直)

その他|2012-07-13|

こぐまのへや(未就園児親子教室)⑩歯みがき教室(^◇^)

今日のくるみ幼稚園こぐまのへやでは、歯科衛生士さんをお招きして、「子ども歯みがき講座」を行いました(^◇^) 本日はあいにくの天気でしたが、来てくれたおともだち、ありがとう!!

  

さて、まずはじめは、子どもたちの集中を高めるため、いつものように手遊びや歌あそびを行いました。

  

歯科衛生士さんによる紙芝居は、何ではみがきが必要なのかが、子どもたちにも何となくわかったのではないでしょうかね? 虫歯になってしまうと、痛い~(>_<)ですもんね。

  

今日は、ご自宅から歯ブラシを持って来て頂いて、実際にブラッシングの指導もして頂きました。みんな、お母さんのおひざにゴロンと寝転がって口を開けて・・・なんか気持ちがよさそうですね。

歯科衛生士さんのお話と指導はとてもわかりやすく、お家の方たちにも歯のブラッシングのコツがわかったのではないかと思います(^○^)

  

こぐまのへやも、さすがに10回目になると、子どもたちもちゃんと名札を自分で返すことが出来るようになってきました。たった2ヶ月位ですが、日々成長しているのがわかりますね(^○^)

さてさて、くるみ幼稚園こぐまのへやは、いよいよ来週7月18日(水)が最終回となります。次回は、園の大きなプールで10時から11時の間、自由に遊べます。もし雨が降ったらホールでの活動となりますが、次回もくるみ幼稚園までお出かけください!

                                                    (直)

こぐまのへや|2012-07-12|

チェコ・プラハ子ども人形劇(^○^)

今日はくるみ幼稚園に、チェコ・プラハの高校生たちがあそびに来てくれました(^○^)

  

彼らは、国際交流と言うことで日本に来ていたのですが、ひょんなことから人づてでくるみ幼稚園での人形劇公演が決まり、本日の来園となったわけなのです(^-^) 来園者は高校生の他に、大学生や大人たちも交じっていて、自分たちで作った人形劇を披露して下さいました。 さてさて、どんな様子だったのでしょうか・・・(^O^)

  

本日来園した皆さんは、自分たちが通う高校の他に、プラハにある日本語学校にも通い、日本語を学んでいるそうです。昨年一度来日した際に、いたく日本が気に入って、またまた来日されたとか・・・

チェコは、お国柄人形劇が発達しているようですが、今回演じて下さったのはあやつり人形、いわゆるマリオネットです。何と何と、この人形や小道具や背景に至るまで、ご自分たちで製作されたとか・・・。スゴイ意気込みを感じました(^○^)

 

今回の演目は『どすんこ足』。チェコの古いお話だそうです。これのスゴイのは、全部日本語で演じたところ。さらにさらに、ナレーションから何から、人形のセリフも全部日本語でした! 一生懸命日本語を勉強して覚えたみたいです。・・・この人形劇の一種独特の雰囲気に、思わず子どもたちも引き込まれていました(^O^)

    

音楽や効果音も、CD等を使わずにその場で生演奏。素敵なギターのメロディーに合わせてお話が進みました(^O^) 例えセリフの中の日本語が聞きづらくても、音楽で悲しい場面なのか、楽しい場面なのかがわかります。音楽が万国共通たるゆえんですね(^-^)

  

・・・さてこれは、私のうろ覚えなのですが(間違っていたら教えて下さい。)、多分チェコという国は、歴史的に他国から虐げられていた悲しい歴史を持っていて、自由な言論を迫害されていた時があったのだろうと想像されます。チェコでの人形劇の発展は、実はここが大きなポイントで、人々は自分たちが置かれている状況を”人形”に託し、為政者を風刺することでうっぷんを晴らしていた・・・そして人形劇がとても盛んになった・・・と、何かで聞いたことがあります。そうやって”人形劇”が、人々の「身近な物」になっていったのでしょう・・・ と思われます。

     

・・・人形劇鑑賞の後は、チェコの民族衣装を子どもたちに着させてもらいました。可愛いですね(^-^)

   

素敵な劇を見せて下さった皆さんに、子どもたちからプレゼントです。最後は、全員がチェコの皆さんとハイタッチをしてお部屋に帰りました。これには、チェコの皆さんも感動されていましたよ(^○^) 

   

実は年中さんは一緒ににこにこランチを食べたのですが、短時間ですっかり仲良しに(^O^)  だからなのか、いよいよお別れする時は、別れが惜しかったみたいです。

 

今回のチェコとの国際交流は、くるみ幼稚園でも初の試み(他の国はあります。)でしたので、直前までまったく勝手がわからない状態だったのですが、いざふたを開けてみたら、チェコの皆さんはとっても真剣に人形劇を演じてくれたし、皆さん優しいし、高校生たちは意外と恥ずかしがり屋さんだったり・・・(^O^)

短い時間でしたが、今日の演目は、子どもたちの心に残ってくれたかな・・・

                                                         (直)

保育の様子|2012-07-10|

年長さん竹洗い(^O^)

くるみ幼稚園では、毎年7月後半に、『一泊保育』と称し、年長さんが親元を離れて幼稚園に仲良しのともだちや先生たちと一緒に楽しく一晩を過ごす、という行事を行っております。一泊保育の日は、色々なイベントが行われますが、当日午前中には”イカダあそび”が行われます。

このイカダは、お父さん有志によるお手製でして、釘などを一切使わずに作ります。その材料となるとても太い竹は、先日役員のお父さんたちが山の中から切り出してきてくれました(^O^)

今日は、自分たちが乗って遊ぶイカダの元となる竹を、年長さんみんなで洗って、今度の金曜日にお父さんたちにカッコイイイカダを作ってもらうための準備をしました!!\(^o^)/

もちろん、子どもたちに、竹がイカダに変身する様子を興味を持って見てもらう狙いもあります。 イカダの元となる竹は、長さは3メートル弱、太さは太いところで直径15センチ位もあり、かなり大きいものです。子どもたちと比較すると、その大きさがわかって頂けると思います。

   

やはり山から切り出しただけの竹ですから、だいぶ汚れていました。これをみんなでタワシでゴシゴシこすると・・・

   

ピッカピカの緑色に変身! 

   

子どもたちが精一杯磨いてくれたので、竹は見違えるようにキレイになりました。これなら、お父さんたちも張り切ってイカダを作ってくれそうです(^○^) 

先にも書いた通り、くるみ幼稚園一泊保育の竹製イカダは、釘等の金物は一切使わずに作ります。子どもたちのお父さんが力を合わせて作るイカダに、子どもたちが乗って川で楽しく遊びます。 竹の棒がイカダに変身する様子は・・・後日お知らせします。

                                                        (直)

保育の様子|2012-07-09|

子育てフェアinエコパ\(^o^)/

本日と明日、エコパアリーナで、静岡新聞・SBS主催の『こどもみらいプロジェクトinエコパ』が開催されています。今年度から、くるみ幼稚園が所属している、遠州地区私立幼稚園協会も、このイベントにブース参加することになり、当園でも、午後1時~2時の間に先生たちによるちょっとした催しを行いました(^O^)

それでは、本日の様子をお伝えします。

   

入り口には、「こどもみらいプロジェクトinエコパ」の大きな看板が…(@_@) かなり大きなイベントですね。

    

アリーナの中は、沢山の親子連れで賑わっていました。写真奥側にあるステージでも、色々な催しをやっていました(^O^) 右写真の真ん中の当たりが、遠州地区私立幼稚園協会のブースです。・・・わかるかな???

    

そのブースの中で、くるみ幼稚園は、音楽に合わせた「南の島のハメハメハ」の人形劇と、手遊びやうた、「あさいちばんはやいのは」のペープサートを先生たちで行いました。

1時間の間に、2回公演を行いましたが、ブースに入りきらなくてはみ出すくらい子どもたちが集まってくれて、大盛況でした(^O^) 見に来てくれたみんな、ありがとう!

    

会場内のそこかしこに、こんなキャラクターが沢山いました・・・(^O^)/ 他のブースでも、楽しいことがいっぱい!!でした\(^o^)/

  

本日は、午前中の雨にも関わらず、公称6095人の来場があったそうです。くるみ幼稚園のおともだちも、お家の人と一緒に沢山来てくれました。ありがとう!!!

イベントは、明日7月8日にも行われます。当園の先生たちは明日はブースには参加しませんが、遠州地区の他の幼稚園の先生たちが楽しい遊びをしてくれます。

まだ行ってない皆さん、ぜひご家族でお出掛け下さい(^O^)/

                                 (直)

その他|2012-07-07|

七夕集会(^_-)-☆★☆

本日くるみ幼稚園では、明日7月7日の七夕の日に先駆けて、『七夕集会』を行いました。

   

毎年、『おりひめとひこぼし』というペープサートを先生達で行い、七夕の由来を子どもたちに見せるのですが、今年はそれを”影絵”でやってみました。ホールの中が暗くなったので、子どもたちが怖がると思いましたが、先生たちがそばにいてくれたので、年少さんも大丈夫でした。

肝心の影絵は・・・子どもたちには大好評!!!でした(^○^) 先生たちも裏側で汗だくになって影絵を動かしていましたが、子どもたちが喜んでくれたので、とっても嬉しかったです(^-^)

    

次に、・・・全員でたなばたまつりのうたを合唱(^O^)、 七夕気分が盛り上がったところで・・・

いよいよ年中さんたちによるお楽しみ! 『南の島のハメハメハ』です! 本番に備えて、何度も何度も練習を重ねてきた年中さん有志たちが、本格的に衣装を着けてステージでカッコよく踊ってくれました!!! ちょっとしたミニリズム発表会のようですね(^O^)

   

みんなとっても元気に踊ってくれました。・・・終わった後、年中のみんなが衣装を脱いで片づけをしていた時も、「やったね~!!」という達成感がみんなの中に溢れていましたね。

   

今度は先生たちの番! 年中さんに負けじと先生達もがんばります。『グリーンマントのピーマンマン』のオペレッタです。

  

今日は雨が降っておりませんので、子どもたちが願い事を書いて作った短冊も、学年ごとに外に飾りました(^u^) 願い事がかなうと良いですね。

   

・・・まだまだお楽しみは続きます。

七夕集会が終わったあとには・・・おいしいおいしいにこにこランチ! しかも何と今日のメニューは”七夕そうめん”。色とりどりのそうめんに、何と何と星型のハムや玉子、油揚げなどなどが盛りだくさん!!七夕らしいメニューでした。調理をして下さる皆さんが、「子どもたちに七夕を感じて楽しんで欲しい」という願いを込めて作って下さいました(^◇^)

「料理は愛情」という言葉が示す通り、とってもとっても美味しいと子どもたちに大評判のくるみ幼稚園にこにこランチは、作って下さる方たちの、こういったちょっとした心遣いからなんだなあとつくづく思います。

ランチに限らず、先生達も子どもたちのことがとっても大好き!

基本的に幼稚園って、子どもたちは楽しくて進んで行きたくなる場所であるはずです。例えば今日の七夕集会だって、子どもたちみんなが楽しく参加できるように、毎回毎回知恵を出し合い練りあって臨んでいるんですよ(^v^)

さて、今度はどんなお楽しみがあるのかな~~~?

                                      (直)

保育の様子|2012-07-06|

Page 1 of 212