バックナンバー [ 11月 2012 ]

舞台リハーサルを行いました

いよいよ明日12月1日(土)は、くるみ幼稚園第51回リズム発表会掛川市生涯学習センターで開催されます。

この日の為に、子どもたちは一生懸命練習をしてきました。本日は、明日の本番の舞台で実際に踊りを行い、子どもたち自身の立ち位置などを確認しました。

  

少し種明かしをしますと、子どもたちはステージ上に引かれたラインを目印にして動いているのです。ですから、まず子どもたちが幼稚園でやるのと同じように踊りやすいように、先生たちでくるみ幼稚園のホールと同じように色々な色がついたラインを引きます。ちなみにこのラインは、保育室にも引いてあります。

      

学年ごとに、園バスで学習センターまで行って、実際に自分の踊りや動きを確認しました。まだ照明が仕込んでないので、舞台の後ろは白い布があるだけですが、本番では色とりどりの照明が当たり、子どもたちの演技を引き立たせてくれます。

  

今日は、お客さんの練習もしました(^○^) 学習センターのイスは大人用ですので、少し大きいですが、しっかりと座ってお友だちの演技を見るのも大切なことですね。

  

子どもたちが横一列に並ぶと、壮観です!!

   

午前中の限られた時間の中ですが、集中して”学習センターの舞台”を体験しました。明日は多くのお客様に見られますから、緊張しちゃうかな?

…この後午後には、今度はお母さんやお父さんたちにも来て頂いて、大道具小道具のセッティングを一緒にして頂きました。明日もよろしくお願いしますね!

さて、くるみ幼稚園第51回リズム発表会は、いよいよ明日開幕です。園創立以来の51回目。毎年毎年、前年度以前を参考にして、徐々にパワーアップをしていると思います。特に年少さんは初めての舞台となりますが、きっとかわいく、たくましく、頑張っている姿をご覧いただけると思います。

係になっているお父さん・お母さんはもちろん、観客としてご参加下さる皆さんも、明日はよろしくお願いします。

                                                          (直)

保育の様子|2012-11-30|

リズム発表会園内リハーサル

くるみ幼稚園では、平成24年12月1日(土)に、自園内ではなく、場所を掛川市生涯学習センターに移し、第51回リズム発表会を行います。くるみ幼稚園リズム発表会は、当園の特色が最も顕著に表れている行事のひとつだと思いますので、園内は発表会数日前から発表会に向けて非常に活況を呈します。

 

普段から、保育の中で子どもたちの集中力の度合いを見ながら練習を進めていき、本番数日前には、実際の衣装を見に纏って行う”園内リハーサル”が行われます。

  

リズム発表会は、自園内開催ではなくて、学習センターという本物の舞台で行いますから、舞台装置や照明も、プロがお金を取って開催する演劇やコンサートやミュージカルと同等と言うことになると思います。そうなれば、例え観客が子どもたちの保護者とは言え、おいそれと「お粗末」なものをお見せすることは出来ません。

  

…ですから衣装も、色とりどりの、まばゆい、かわいい、カッコイイものがズラリと並びます。

   

衣装を身に纏うことで、子どもたちのテンションは否が応でも盛り上がりますし、より己の内面を”表現”することをしやすくなると言えるでしょう。

  

それは何も子どもに限ったことでなくて、大人たちだって、衣装を変えることで”変身”しながら、TPOに合わせて日々の生活を送っているはずです。そういう意味では、こういった舞台経験が後々の人生で必ず生きてくるはずですよね。

    

また、一緒に練習を頑張った(苦楽を共にした?)友だちと同じ衣装をまとうことで、他者との連帯感や協同と言った社会性がだんだんに芽生えてくるのも、幼児期の特徴ですし、私どもとしては何としても伸ばしたい所であります。

   

…と、言う訳で、本番の衣装を着けて実際にリハーサルを行ってみました。もちろん、これで”さぁ本番”と言う訳ではなく、このリハーサルで修正すべき点を浮き出させて、出来うる限りの修正を加えていきます。

   

こうやって、くるみ幼稚園リズム発表会は、毎年徐々に作り上げられていくのです。

   

次は、実際の舞台で実際に子どもたちが踊る「舞台リハーサル」を行い、やっと当日を迎える訳です。

「…そこまでする必要があるのか?」と思われる方がいるかもしれませんが、実は発表会の完成度を上げれば上げるほど、子どもたちの成長の度合いは比例して高まっていきます。せっかく子どもたちを飛躍的に伸ばせる土壌や伝統がくるみ幼稚園にはある訳ですから、これを使わない手はありません。

子どもたちが何をやるにしても、”本物”に小さいうちから触れることで、その後の人生において、より深い人間性を築いていってくれるのかな…と思います。

さぁ、いよいよリズム発表会ウィークです。本番まで残す所あと数日!!

                                         (直)

保育の様子|2012-11-28|