バックナンバー [ 7月 2013 ]

年長”一拍保育”レポート③

くるみ幼稚園、『年長”一拍保育”レポート②』からの続きです。①から読んで頂けると幸いです。

   

・・・夜、子どたちは無事に就寝しましたが、夜中にも、トイレに行く必要のある子を起こして連れて行ったり、興奮して起きてしまう子どもを静かに寝付かせたり、寂しくなってしまう子を慰めたり・・・と、クラスに30人の子どもがいれば、30通りの様々なことがあります(^v^) 先生たちも全員でほとんど眠らずに子どもたちを一晩見守りました(@_@) 

   

起床時間がきて、全員が元気よく起きました。朝5時過ぎから目が開いてしまっていた子もいれば、起床時間ギリギリまで熟睡している子・・・などなど、毎年のことですが色々な子がいます(^O^)

    

パジャマを脱いでたたみ、次は自分の布団をたたむなどの身支度をします。布団をたたむだけではなくて、布団袋に入れ、お家に持って帰る用意も自分で行います(^O^)

顔を洗って歯磨きをした後は、外に出て集会を行いました(^O^) 昨日の居尻での天気は何だったのか???今日はとても良い天気でした・・・。みんなで一緒に元気に体操もしましたよ! 園庭を思いっきり駆け回って、そろそろお腹が空いてきたかな???

  

ホールに集まって朝の集会を行いました。くるみ会会長さんからのお話もありました。・・・お話の後は、みんなで元気に歌をうたって、いよいよ『いただきます』です。みんなもうお腹がペッコペコ。元気に挨拶をして朝食を食べました!

    

朝食が終わった後は、昨日の朝からずっと一緒にいて頂いた、役員のお父さんたちにお礼のご挨拶をしました。実は役員のお父さんたちには、園に一緒に泊って頂き、子どもたちみんなが元気で安全に過ごせるように陰からずっと支えて下さいました。本当にありがとうございましたm(__)m

   

・・・くるみ幼稚園一泊保育も残すところあとわずか。朝食後に園長私からもお話をさせて頂きましたし、お部屋に帰ってからも先生からお話がありました「昨日と今日の一泊保育、とってもとっても楽しかったね!」 「お家の人と離れても大丈夫だったね!」 「みんなとってもカッコよかったです!」・・・と、いうような話が、どのクラスでもされておりました(^v^)

   

そして降園です・・・。クラス毎にお家の人に迎えに来ていただきました! 「お母さん!ボクとっても頑張ったよ!」と言って笑顔で抱きつく我が子が、たった一日見なかっただけで、『ずいぶん成長したね!』って感じませんでしたか? 

お帰りの場面は、今回の行事の中で数あるシーンの中でも、ちょっと感動的な場面でしょう?!! 丸一日に渡って我が子と離れていたお家の方々が、子どもを見つけた瞬間に見せる満面の笑顔、お家の人に思いきり駆け寄る子、それを見守る先生・・・。三者の信頼関係が成立しているからこそ、見られる光景ですよね(^O^) また、保護者の皆さんは、お子さんがいなかった一晩、いかがだったでしょう?? いつも、側にいるはずの我が子がいない・・・??ちょっと不思議な感覚だったのではないでしょうか? 我が子の存在の大きさや愛着を認識して頂き、そして子どもたちの成長を喜んで頂けたら幸いです。

    

平成25年度、くるみ幼稚園52回目の一泊保育は無事に終了することが出来ました。まずは、この行事を行う狙い・意義をご理解頂き、全面的協力頂きました、年長児の保護者の皆様に厚く御礼を申し上げます。中でも特に、役員・地区委員・学級委員の皆様には、直接・間接的に大変献身的なご協力をたくさん頂きました。重ねて御礼を申し上げます。

男性役員さんは、丸一日以上連続でお付き合いをいただき、子どもたちと一緒に園に泊って頂きました。陰に日なたにフル回転のご活躍、そしてこちらからお願いすることを嫌な顔一つせず、色んなことを確実にこなして頂くその秘めたる力量には、ただただ脱帽・感謝するばかりです。 

参加頂いたお父さん・お母さんからは、『自分も楽しかったです!』というご感想を沢山頂きました。非常に嬉しく思うと同時に、私たち園側としては、皆さんの心からのご支援に対して、やはり通常の保育活動を教職員一人一人が心を込めて行うことでしか、お返しが出来ないと改めて認識しました。本当に本当にありがとうございました。m(__)m

   

くるみ幼稚園一泊保育には、子どもを成長させるための大きな狙いや仕掛けがそこここに散りばめられているのですが、こういった行事を安全・確実に楽しく行うためには、参加された保護者の皆さんたちが身を持って示して下さった『親の教育力』をはじめ、大人たちの指導・援助の手が必要です。私たちは園の諸活動を、子どもの育ちのためには大変意義あるものと信じて行っております。個々の子どもと、集団としての子どもたちが一層楽しく前進できるよう、今後ともどうぞご協力をお願い申し上げます。

子ども達と共に、いつも保護者の皆様、そして先生たちの笑顔があふれる行事の素晴らしさをかみしめ、くるみ幼稚園教育の確かなる伝承と実りをとてもうれしく思います。

子どもたちが初めて親元を離れて、大好きな友だちや先生と一夜を過ごすことを実践したという経験と、それを達成した喜びは、やがて彼ら自が自立するための大きな自信となっていきます。これこそが一泊保育を行うための大きな意義の一つでありました。それら環境作りにお力添えを頂き、本当にありがとうございました。

心からの感謝を申し上げ、御礼のご挨拶とさせていただきますm(__)m

 

                    くるみ幼稚園 園長 小澤直明・教職員一同

        

園の教育(行事紹介)|2013-07-25|

年長”一拍保育”レポート②

・・・くるみ幼稚園『年長”一泊保育”レポート①』からの続きとなります(^○^)

  

つま恋のお風呂に入った後は、幼稚園に帰ってきてちょっとくつろいだり、自分のお布団を自分で敷きました。みんなで寝る場所をきれいに作ります(^O^)/

  

そして、待ちに待った夕食です。再び朝と同じくるみレストランに全員集合し、自分たちが作った手作りアルミのお皿で美味しい美味しいカレーを食べます。配膳して下さるのは、お手伝いのお母さんたち。順序良くカレーをよそってみらい、全員が揃ってから『いただきます!』

今日は、居尻でいっぱい遊んで良く動き、良く笑いましたので、おなかもペッコペコになったのでしょう。たくさんおかわりをしている子もおりました。食事が終わった後は、グループのお当番さんが、片づけをします。

ちなみに、子どもたちに夕食の配膳をして下さったのは、女性役員さんと地区委員のお母さんたちでした! 本当にありがとうございました(^O^)

  

そして夕食の後は・・・。ちょっとハラハラドキドキのおばけやしきです。子どもたちは色々な意味で期待しておりましたが・・・・・・まず始めに、先生からコワ~イお話をしてもらい、コワイ雰囲気を盛り上げます・・・。みんな食い入るように真剣に聞いてました。  

・・・”おばけやしき”なんて、小さい子どもを驚かせるようなことをするな!と思う方も、保護者の中にはいらっしゃるかもしれませんが、集団教育の中で、「何だかわからないけど怖いもの」「得体が知れないもの」が、この世の中にはあるのだと言うことを、幼児のうちから経験することは大切なことであり、それこそが教育の醍醐味だと私たちは考えています。

そういう私たちの教育的意義を込めての「おばけやしき」は、将来もきっと、子どもたちの心の片隅に残っていってくれるのではないかと願っています。

   

もちろん、おばけやしきで子どもの心をダウンさせたまま就寝させるようなことはいたしません(^○^)  怖いことを頑張って乗り越えた子どもたちに、お父さんたちからキレイな花火のプレゼントです。

お父さんたちが「アチチ!」と言いなが一生懸命頑張って、沢山の打ち上げ花火や吹上花火を上げてくれてました。夜空にきれいに輝いた花火を見上げて、思わず、「わ~スゴイ!」「キレイ!」と言っている子どもたちの晴々した顔が写真からもわかると思います。

  

  

・・・この後、子どもたちはお部屋でいよいよ就寝。

電気を消したらすんなり寝てしまう子、コーフンしてなかなか眠れない子、楽しくてついついお友だちと話してしまう子・・・などなど、子どもたちが沢山いれば様々です。だけどやっぱり今日一日たっぷり遊んだ疲れからか、みんなグッスリでした(^O^)

と、言う訳で第一日目は、大きな事故やケガもまったくなく、無事に終了いたしました(^O^)

園の教育(行事紹介)|2013-07-24|

年長”一泊保育”レポート①

昨日終業式を終え、無事にくるみ幼稚園の第一学期が終了し、園は本日から夏休みです。その夏休み初日は、恒例の年長児一泊保育が行われました(^O^) 今日はその様子をちょっとレポートします。

 

昨日の午後くらいまでの天気予報では曇りだったので、当日は居尻での川遊びも大丈夫かと思っていましたが、朝の天気予報ではなんと雨マーク・・・(>_<) それでもきっと大丈夫だと先生たちは期待しておりましたが・・・

・・・ちょうど子どもたちの登園時間になって、雨がポツポツ降ってきました・・・(T_T) まだポツポツの雨ですから「水遊びは大丈夫だろう」と・・・居尻の事務所に電話して様子を聞いたり、インターネットで天気予報とにらめっこ(>_<)したり・・・とにかく、ギリギリまで行くかどうかの判断を伸ばしました。お父さんたちが力を合わせて作ってくれたいかだで遊びたい!・・・これは、子どもたちはもちろん、先生たちも本日お手伝いをして下さるお父さんやお母さんみんなの願いでしたので・・・。

そして・・・出発直前情報では、現地は街中より雨が小降りのようでしたので、結局、居尻でのいかだ遊びを行うことにしました! まずとにかく、現地に行くだけ行って、いかだ遊びだけでも行って、お昼はまた状況を見ながら臨機応変に動こう!と言うことになりました!!

 

と、言うわけでまずは朝の集会が始まりました。子どもたちも「雨が降っているけど,いかだで遊べるのかなぁ?」とちょっと不安げな顔をしている子もいました。でも大丈夫!ちょっと雨が降っているけど、でも居尻に行っていかだ遊びをするよ!

集会では、いかだで一緒に遊んでくれる お父さんお母さんの紹介。今日はたくさんのお父さんやお母さんが一緒に来てくれて、年長さんの一拍保育をお手伝いして頂きます。 とっても個性的で楽しいお父さんやお母さんたち。みんなで楽しく遊ぼうね!!

集会が終わって、いよいよバスに乗って出発。園から約30分で居尻に到着です。バスの中では、みんなで歌を歌ったり、お話をしたり、楽しく過ごしました。

  

居尻到着。山の中なので、街中よりもちょっと肌寒いですが、それでも気温も水温も十分でしたので、水遊びを行うことにしました。ちょっと雨が降ってましたので、屋根のある所にバスを停めて、早速着替えて、いよいよいかだ遊びのスタート!!!

小雨がパラついていたのが幸いしたのか、他のお客さんは誰もいなくて、川はくるみ幼稚園の貸し切り状態でした。写真で見ると、川も結構広いでしょう? いかだを浮かべるのに一番良いポイントを探して、お父さんにいかだを操縦してもらいながら、いよいよいかだに乗ります!

はじめはソロソロ・・・と浮かんでいたいかだも、2周目頃になると徐々にヒートアップ!水かけっこが自然と始まります。あやめひまわり・ゆりと3クラス、1クラス5グループあるので、合計15グループ!!! 今日はお父さんたちに休み無くいかだを動かして頂きました。お父さんたちは、ずっと水に浸かっていて下さって、大変だったと思います。本当にありがとうございました。

 

クラスごとに、みんなで一緒に記念撮影もしましたよ!!

 

いかだ遊びが終わった頃、雨が沢山降ってきたので、着替えて屋根の下でお弁当にしました。居尻は所々にバーベキュー用の屋根がある場所があって、ありがたかったです。みんな思いっきり水遊びをしたので、おなかがペッコペコでしたね(^O^)

  

お弁当を食べた後は、また幼稚園バスに乗って一度幼稚園に帰り・・・

お部屋で、みんなでおやつを食べました。本当は居尻のキャンプ場で食べる予定だったんだけど・・・まぁ良いよね。仲良しのみんなと一緒だから。冷たいゼリーが、おいしい(^O^)

 

次は、つま恋に移動し、お風呂タイムです。お風呂の中は暑いですから、みんなで作った世界に一つしかないうちわが大活躍!

  

再度園に戻り、夕食前にちょっと休憩タイムです。

この後、活動はまだまだ夜まで続きます。  

・・・②に続きます。

                                                  (直)

 

園の教育(行事紹介)|2013-07-24|