バックナンバー [ 12月 2013 ]

第52回くるみ幼稚園リズム発表会②

・・・第52回くるみ幼稚園リズム発表会①からの続きです。そちらからご覧ください。

   

子どもたちが舞台の上で、精いっぱいの”自己表現”を行っている時の舞台袖では・・・

・・・先生たちが熱い視線で見守っています。・・・舞台の上で何が起こってもすぐに出ていけるように、だけど、子どもたちだけで頑張っている姿を最大限見せられるように・・・細心の注意を払って見守ります(@_@)

この1ヵ月間、子どもたちと先生たちは、本当に心を一つにして、”一丸”となってこのリズム発表会に挑んでまいりました。

「先生、こうすればもっとカッコイイよ!」「指先をこうやって伸ばしたら素敵ね!」  ・・・子どもたちと先生たちは、毎日毎日語り合い話し合って、コミュニケーションを沢山とりながら、「より良いものより素敵なもの」を目指して力いっぱい頑張って来ました。そういった子どもたちの”頑張り”は、保護者の皆さんたちに素敵なものを見せたいという純粋な”心”が芽生えているからに他ならないと思います。こういった混じりっ気のない”純な心”が、見ている大人たちに”多くの感動”を与えてくれるのではないでしょうか。

   

先生たちだけではなくて、舞台袖では次の演目の子どもたちも応援して見守ってくれています。学校教育において、「結果だけがすべてではない」と言われることは、こういうことなんだと思います。どの子もここに至るまでには、相応の努力や頑張りをして舞台に上がっています。そんな子どもたちの様子を間近で見ていて、先生たちも思わず感極まって涙してしまうんですよね・・・(T_T)

  

・・・だからこそ、演目が終わった後は、子どもたちと先生たちが本当に一つになって体いっぱいで喜びを表現してくれます! 先生たちも子どもたちが愛しくて可愛くて、思わず抱きしめます\(^o^)/  そうなれば子どもたちも嬉しくて先生たちが大好きになる・・・。まさに心と心のキャッチボール、まさにより良い人間関係の基本でしょうか。そしてこれは、子どもたちに、”達成感””充実感”と言った、人間にとって「陽」の、素晴らしい感情が芽生え出している証(あかし)と言えると思います。

     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発表会を行う意義は、上記に少し書かせて頂いた通りですが、そんな発表会を成功させる為には、多くの大人たちが陰から支えてくれていることは①でも書きました。

例えば写真は、午前の部が無事に終了して、お昼休憩は恒例の役員さん主導による弁当配布です。役員さんたちの間で代々引き継がれて来たノウハウを駆使し、さらに年々改良されて未だに進化を続けているモノで、くるみ幼稚園リズム発表会を彩る恒例の風景でした。

そのテキパキとした配布方法たるや「お見事」の一言で、1000個以上のお弁当がほんの10分少々の間に、保護者の皆様のお手元に届いたのではないでしょうか。もちろん、お客様たる保護者の皆さんのご理解とご協力が無ければ成し得ないことですが、今後も是非とも続けて行って頂きたい「伝統」ですね。

    

・・・午後の部は、子どもたちの集中力を持続させることがなかなか難しいのですが、それでも子どもたちは頑張って皆さんに素晴らしい演目を見せてくれたと思います(^_-)-☆ 舞台の横から見ると、まばゆいライトに照らされた舞台に、堂々と進む子どもたちは、とってもカッコいいでしょう?

  

最後の演目だけでは無いですが、曲の前に幕が閉まるオペレッタの舞台上は、実はこんな感じだったのです(^o^)/ 背景や道具を設置する横で子どもたちが所定の位置にスタンバイしています。先生たちで舞台上すべてを細かくチェックしてから幕が上がります・・・。たった3~5歳児でここまでの経験をするのって、本当にスゴイですよね。

   

と、言う訳でくるみ幼稚園第52回リズム発表会も、無事にすべての演目が終了いたしました。舞台上で冒頭と最後の私の挨拶で述べさせて頂いた通り、多くの保護者の皆さんのお力添えあるからこそ、ここまで盛大な発表会が出来るんだと、まずは教職員一同あらためて感謝を申し上げますm(__)m

まさにくるみ幼稚園リズム発表会は、「みんなの想いが一つになると、こんなに素敵なことが出来るんだ」と言うことの証明だと思います。昨今、某国の様な個人主義が浸透してきたからなのか、「”子ども集団として”としてどう評価するか?」よりも、「他者はどうでもよくて、自分の子だけが輝きを放っていればそれで良い」と考える保護者も、現代日本にはいるとかいないとか・・・?

でも、同じ年頃の子が数人~数十人の集団の中で調和を取り合い、友たちを認めて助け合って励まし合い、共に協力し合ってさらに良いものを作り上げることこそ、達成した時の喜びは大きいですし、それを教えてあげるのが教育の醍醐味であり、未来社会を担う子どもたちが学んで欲しいことの大切なことの一つであると私たちは心から信じて教育を行っています。

今日のリズム発表会は、全体としてとっても素敵な発表会に仕上がっていたと自負しています。今までくるみ幼稚園が長い年月を掛けて培ってきた伝統や幼児教育文化が随所に発揮されていたと言っても過言ではないでしょう。

この素晴らしいものを大切にし、さらに我々は後世に伝えていかなくてはならないと考えます。今後も子どもたちと一緒に、確実に一歩一歩新たなページに歴史を刻んでいきたいと思います(^O^)/ どうか、ご理解とご協力をお願いいたします。

最後にもう一度、本日は、皆様の多くのご協力を頂きまして、ありがとうございましたm(__)m

                                                         (直)

園の教育(行事紹介)|2013-12-08|

第52回くるみ幼稚園リズム発表会①

平成25年12月7日(土)、くるみ幼稚園第52回目リズム発表会「掛川市生涯学習センター」にて行われました。

本年も無事に、大きな事故もトラブルも無く終了することが出来ました。始めの挨拶の中で申しました通り、まさに会場の保護者の皆様が一体となって下さったことで、子どもたちも普段以上の実力を発揮して、よりよい発表会にすることが出来たと思います。

多大な、そして献身的なご協力を、本当にありがとうございました。

   

それでは早速、本日一日の様子をお届けしたいと思いますが、表側・客席側から見た園児たちの姿は、観客としてご参加下さった方々の方が沢山見て下さっていると思いますので、このブログでは主に、裏側から全体を見た(私の目線)リズム発表会をレポートさせて頂きます(^◇^)

  

朝は看板で写真を撮る親子の姿も沢山おりました・・・。役員さんや地区委員さんには、お集まり頂いて係ごとの簡単な打ち合わせ、コンテや腕章渡しが行われていました。今日一日、スタッフとしてお手伝い頂きます!(^O^) よろしくお願いします\(^o^)/

  

9時の集合時間前は広々としていた学習センターの”催し物広場”も、・・・

   

・・・子どもたちと、保護者の皆さんでいっぱいになりました(^O^)

   

子どもたちが集合している間、舞台や客席では、最後の調整が行われていました。楽器の音出しや看板の調整等、前日準備で行っていましたが、照明を交えての最後の細かい調整を行います。くるみ幼稚園の先生たちはもちろん、学習センターのスタッフ一同、ギリギリまで「最高に素晴らしいものを!」という強い思いでこのリズム発表会に取り組んで頂いています。

開演前で、シーンと静まり返ったホール内が何となく緊張した感じでした。

     

1ベルが9時40分頃に鳴り、いよいよ開演5分前。舞台では年少の子どもたちがスタンバイしています。子どもたちは昨日、舞台の上に実際に立って踊りの練習をしたのですが、山台(センターにある板で作った台)を組み合わせた雛壇に乗るのは今日が初めてですので、緊張している子も少しいたかもしれませんね(>_<)

   

園長挨拶の中で申し上げた通り、学年が上がるごとに楽器が増えていったのが良くお分かり頂けたと思います。それらのセッティングは、舞台係の皆さんに大活躍して頂きました(^◇^) どん帳が閉まっていると狭く感じる舞台の中でキビキビと動いてコンテ通りにしっかりと準備して頂けました(^_-)-☆

  

演奏中を横から見ると、こんな感じです。黒いカーテンがあることで、余計に園児たちの様子が引き立って見えたのではないでしょうか? 多くの子どもたちが力や心を合わせて合唱や合奏をするのは、素晴らしいことだとご覧いただいたすべての皆さんが感じてくれたのではないか?・・・と思っています。

   

舞台の裏では、学級委員さんたちが子どもたちの着付を手伝って下さり、廊下で”出待ち”です。着付は結構時間との勝負で、焦ってしまうこともあるのですが、それでも子どもたちにあまり緊張を強いらないように、皆さんご配慮下さいました。

  

お陰さまで楽屋(準備室)は終始リラックスムードが漂い、でもダレていない「適度な緊張感」もある、出番前の良い雰囲気があったと思います(^O^)

楽屋から大きな拍手で送り出された子どもたちは、きっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて、観客である保護者の皆様を大いに感動させたハズだと思います。

   

・・・子どもたちからの目線はこんな感じです。客席は満員で、多くのお客様に見られながら自分たちの演目を行う訳ですから・・・(>_<) これはすごいことだと本当に思います。

・・・②に続きます。

                                     (直)

園の教育(行事紹介)|2013-12-07|

舞台でリハーサルを行いました(^o^)/

いよいよ明日は、くるみ幼稚園第52回リズム発表会です。

本日はその前日、と言うことで学年ごとに園バスで掛川市生涯学習センターに赴き、実際の舞台でリハーサルを行いました。ちょっとだけその様子をお伝えします。

 

舞台ではまだ照明も仕込まれていないので、ただ単純に電気をつけて明るくしてあるだけでしたが、それでもやはり、園のホールよりも広い舞台で動くのは、子どもたちもちょっと勝手が違うようです。自分の場所を間違えたり、いつもなら行けた所に行けなかったり・・・と。そういったギャップを調整しました。

 

一番小さいことり組さんも、舞台の上で踊ってみました(^○^)

  

綿密に、先生とポーズの位置の打ち合わせです。明日はちゃんと出来るかな?

  

さすが年長さんは、3回目のステージですから、慣れてきているようですね。ポーズもカッコ良くて元気いっぱいで、明日は期待できそうです。

   

遠くから見るとこんな感じでした。さすがに学習センターの客席はとっても広いですね(^○^)

     

今日の午後は、子どもたちの衣装を搬入したり、背景を組み立てたり整理してしまったり、会場内の準備をしたり、最初の器楽合奏と歌のための段を作ったり・・・をしてまいりました。いよいよ明日は本番です。

これまで約1ヶ月間、子どもたちも先生たちもまさにくるみ幼稚園全体が一丸となってこのリズム発表会に取り組んでまいりました。明日はその本番、たくさんの”お客様”にご覧いただく日です。期待と不安と様々な想いが入り混じった複雑な前日ですよね。きっと子どもたちも、その小さな心の中では、「とっても楽しみ!…でもちょっぴり不安もあるかな・・・」、と言ったような複雑な心境で眠りについたのではないでしょうか。

もし一週間位学習センターを借り切って練習をすれば、とっても素敵なパフォーマンスをお見せすることが出来るのかもしれませんが、それはなかなか難しいことなので、どうしても一発勝負的なことも存在します。ですから子どもたちは、明日の本番でもしかして失敗してしまうかもしれませんが、それはそれで子どもたちのこれからの長い人生の為の貴重な経験!立派に教育的な意義のあることだと思います。 どうぞ広い心でご覧頂けたら幸いに存じます。

                                         (直)

保育の様子|2013-12-06|