年長さんの竹洗い

くるみ幼稚園では創立以来、毎年夏休み初め頃に一泊保育を行っています。この行事は、年長さんが親元を離れて仲良しの友達と一緒に楽しく一晩を過ごす、というものです。一泊保育当日の様子は、昨年のブログをご覧いただければ、大体の流れがわかると思いますので、是非ともご覧くださいm(__)m

さて、一泊保育中には様々なお楽しみがあり、中でも、居尻でのお父さんたち製作による”手製いかだ”に乗って遊ぶ川遊びは、午前中のメインイベントと言えるでしょう(^○^)

竹製のいかだは、毎年毎年お父さん有志くるみ幼稚園に来て頂いて、実際に子どもたちの前で作るのですが、今回はその材料である竹を子どもたちが洗いました(^-^) 作ってくれるお父さんたちに、ありがとうの感謝の気持ちを込めて、年長全員で心を込めて洗います。その様子を少し紹介しますね!

 

ところで、肝心のですが、実は先日土曜日に役員のお父さんたちで山から取ってきてもらったのです。くるみ幼稚園のいかだに使う竹は、直径10センチ以上!長さも3メートル弱・・・という、とっても太く大きなものを必要としますので、竹を探すのもなかなか大変なのです(>_<) 

しかも子どもたちが乗る部分は、出来れば節がないようなつるりとしたもの・・・という条件付きの中で、とっても良い竹を暑い中汗をタラタラ(~_~;)流しながら一生懸命取って来てくれました。

役員のお父さんたち、本当にありがとうございました!!

  

タワシを使って、子どもたち全員でゴシゴシと一生懸命に洗います・・・

  

子どもたちみんなで力を合わせて洗ったので、竹はとってもきれいになりました\(^o^)/

子どもたちが持ってみると、竹がとっても長くて太いのがわかりますよね? 7月8日金曜日にはこの竹を組み合わせていかだを作るんです。有志でご参加頂けるお父さんたち、よろしくお願いします!

                                            (直)

保育の様子|2011-07-04|