理事長挨拶について

理事長挨拶

学校法人くるみ学園は、前理事長・園長であった故小沢はなよが夫加一郎と共に、生涯をとおして実践した「人への思いやりを育む」ことを教育理念として設立された学校法人です。
現代のような価値観が多様な社会において、「人への思いやりを育む」とは、集団生活の中から、自主性と生きる力、他者の存在意識と自己の抑制、そして心の安定をもたらす文化的環境と知的活動を育むために、園児を中心として園児をとりまく様々な環境の整備育成を目指す教育であります。

社会福祉法人くるみ学園福祉会は、学校法人くるみ学園の建学の精神を色濃く反映した上で、社会福祉として子どもたちが健やかに育成することを目的として創設されました。その創設理念として、1.人としての「尊厳の確立」を理念の根底に置く。2.「幼保一元化」を推進することで、教育と福祉の全面的な連鎖と融合を実践、家庭と小学校を「つなぐ」役割を果たす。3.乳児・幼児の保護育成と文化的環境の創意で、この時期の子どもの「笑顔」と「幸せ」を全教職員と保護者が共有し、つなぎ合い、保障する。4.幼保園の特徴を生かした保育内容の確立を実践的に構築する。・・を柱として教育・保育を行うことを理念として掲げています。